gaYa広告

2016年07月12日

暑いからといって!ローマ遺跡の噴水に飛び込んではいけません!

自然観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年07月12日に、3人のツーリストが水着とビキニで、17世紀の噴水に飛び込んだ後、ローマで混乱を起こしたと報告した。

気温は摂氏30度に達し、ギアニコロの噴水(fountain of Gianicolo)としてローカルに知られているフォンタナ・デル・アクア・パオラ噴水(Fontana dell’Acqua Paola fountain)で戯れている女性の写真が金曜日に撮られた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イタリアの雑誌は、「温度は非常に熱いけれども、ギアニコロの噴水は観光客のための水泳プールであるはずがない。ローマがより多くの尊重に値していること」というメッセージとともに、写真をツイートし、ローカルに報告された。

1人の怒った居住者が書く間、多くのユーザーは、観光客を「無作法」と呼んで、
「あなたは行き、イギリスまたはドイツで同様のことをするべきである。私は明日ボクサーショーツで行き、キャップを泳いでいる。」と写真の下で、不満を発表した。

この噴水は1612年に完成されて、都市の多くの歴史的に保護された記念碑のうちの1つである。

それは、1700年代であるが、けれども、観光客が罰金を科されるのかなりの金額を見たかもしれないので噴水で浴びるために現代の法律で禁止された。

ローマの噴水に飛び込むことまたはそれらの屑を投げることが違法で、そうすることが見つけられた人々のための€200(168£)の罰金である。

まさに昨年、イタリアの首都ナイアスの噴水で裸のふざけた6人のイギリスの観光客が、捕まえられた後に、公然わいせつ罪をチャージされ、罰金を科された。

ギアニコロの噴水(fountain of Gianicolo)の緯度、経度
41°53'19.5"N 12°27'51.0"E
または、
41.88875, 12.464167

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。