gaYa広告

2016年07月12日

暑いからといって!ローマ遺跡の噴水に飛び込んではいけません!

自然観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年07月12日に、3人のツーリストが水着とビキニで、17世紀の噴水に飛び込んだ後、ローマで混乱を起こしたと報告した。

気温は摂氏30度に達し、ギアニコロの噴水(fountain of Gianicolo)としてローカルに知られているフォンタナ・デル・アクア・パオラ噴水(Fontana dell’Acqua Paola fountain)で戯れている女性の写真が金曜日に撮られた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

イタリアの雑誌は、「温度は非常に熱いけれども、ギアニコロの噴水は観光客のための水泳プールであるはずがない。ローマがより多くの尊重に値していること」というメッセージとともに、写真をツイートし、ローカルに報告された。

1人の怒った居住者が書く間、多くのユーザーは、観光客を「無作法」と呼んで、
「あなたは行き、イギリスまたはドイツで同様のことをするべきである。私は明日ボクサーショーツで行き、キャップを泳いでいる。」と写真の下で、不満を発表した。

この噴水は1612年に完成されて、都市の多くの歴史的に保護された記念碑のうちの1つである。

それは、1700年代であるが、けれども、観光客が罰金を科されるのかなりの金額を見たかもしれないので噴水で浴びるために現代の法律で禁止された。

ローマの噴水に飛び込むことまたはそれらの屑を投げることが違法で、そうすることが見つけられた人々のための€200(168£)の罰金である。

まさに昨年、イタリアの首都ナイアスの噴水で裸のふざけた6人のイギリスの観光客が、捕まえられた後に、公然わいせつ罪をチャージされ、罰金を科された。

ギアニコロの噴水(fountain of Gianicolo)の緯度、経度
41°53'19.5"N 12°27'51.0"E
または、
41.88875, 12.464167

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。