2016-07-12

フランスのオペレータAFSCMは、NFCハブで協力する。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2016年07月12日に、フランス・コンタクトレス協会AFSCM(Association Française du Sans Contact Mobile )は、オレンジ(Orange)、SFR、およびブイグテレコム(Bouygues Telecom)とともに、NFC-ベースのサービスのための単一のハブを使いこなし、行うために、Oberthurテクノロジー(Oberthur Technologies)を選んだと報告した。

最近の発表により、2016年6月現在フランスには、1150万人のユーザーがNFC-ベースのスマートフォンを所有していることが注意されて、既製の市場を提供する。

ハブ・アプローチは、スピードで多くの新しいNFC-ベース・サービスを使いこなすための最も効率的な方法と判断される。

すべての新しいNFCサービスは、Oberthurテクノロジーにより使いこなされて、管理された単一のインタフェースを通して提供される。

会社の展開でマルチテナント・アーキテクチャは、資源と接続の共有を3人のモバイル・オペレータ間のサービス・プロバイダーに与えるために要求される。

さらに、セットは新しいオペレータまたはMVNOsの迅速なonboardingを可能にする。イリアス(Iliad)は、現在関係しない国のオペレータで唯一のものである。

「AFSCMは、生態系を簡素化するために、非常に実用的なアプローチを採用した。NFCサービスのための進行中の市場を最適化するためにすべてのMNOsにより共有された単一で、一貫しているアーキテクチャ」と、Oberthurでオペレータ・ビジネスをネットワーク化するモバイルの常務取締役ピエール・バリアル(Pierre Barrial, managing director of the mobile networks operators business at Oberthur)は言った。

ネットワーク環境を各社が独自で持とうとするということは、それだけ負担が厳しくなり、それを採算性で補うためには、つい通信料で利益を得ようとする古い事業体である。

もうそろそろ、それを卒業しないと、将来はどんどん苦しくなる。

先進国は、特に厳しい。

日本の携帯電話事業者は、コンテンツ事業が下手すぎる。