on-the-time.jp

2016年07月12日

フランスのオペレータAFSCMは、NFCハブで協力する。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2016年07月12日に、フランス・コンタクトレス協会AFSCM(Association Française du Sans Contact Mobile )は、オレンジ(Orange)、SFR、およびブイグテレコム(Bouygues Telecom)とともに、NFC-ベースのサービスのための単一のハブを使いこなし、行うために、Oberthurテクノロジー(Oberthur Technologies)を選んだと報告した。

最近の発表により、2016年6月現在フランスには、1150万人のユーザーがNFC-ベースのスマートフォンを所有していることが注意されて、既製の市場を提供する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ハブ・アプローチは、スピードで多くの新しいNFC-ベース・サービスを使いこなすための最も効率的な方法と判断される。

すべての新しいNFCサービスは、Oberthurテクノロジーにより使いこなされて、管理された単一のインタフェースを通して提供される。

会社の展開でマルチテナント・アーキテクチャは、資源と接続の共有を3人のモバイル・オペレータ間のサービス・プロバイダーに与えるために要求される。

さらに、セットは新しいオペレータまたはMVNOsの迅速なonboardingを可能にする。イリアス(Iliad)は、現在関係しない国のオペレータで唯一のものである。

「AFSCMは、生態系を簡素化するために、非常に実用的なアプローチを採用した。NFCサービスのための進行中の市場を最適化するためにすべてのMNOsにより共有された単一で、一貫しているアーキテクチャ」と、Oberthurでオペレータ・ビジネスをネットワーク化するモバイルの常務取締役ピエール・バリアル(Pierre Barrial, managing director of the mobile networks operators business at Oberthur)は言った。

ネットワーク環境を各社が独自で持とうとするということは、それだけ負担が厳しくなり、それを採算性で補うためには、つい通信料で利益を得ようとする古い事業体である。

もうそろそろ、それを卒業しないと、将来はどんどん苦しくなる。

先進国は、特に厳しい。

日本の携帯電話事業者は、コンテンツ事業が下手すぎる。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。