gaYa広告

2016年07月12日

世界最大会社の一つが、Brexitの後、ロンドンから出て行く!?

経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、スイスの銀行UBS投資銀行の頭取アンドレア・オラクル(Andrea Orcel, president of UBS investment bank)は、EUを去るイギリスの投票にに続き、そのスタッフをヨーロッパの国に移動させることを考慮していると警告した。

世界の私的な富の中で最も大きいマネジャーであるように考慮されたUBSの移動が、再投票するのを見そうであると警告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

「私達は、多くの私達の従業員をEU(European Union欧州連合)国に移動させることを考慮する必要がある」と、オラクルはブルームバーグテレビ(Bloomberg TV)で言った。

「私達はまだイギリスで扱っているけれども、ロンドンから行われたEUビジネスの部分は、他の場所からされる必要がある。」と、彼は付け加えた。

オラクルは数を指定しなかったけれども、インパクトは「十分に重要である」であり、完全な再評価を、前に行く銀行のモデルに要求すると言った。

UBSは、現在、ロンドンおよびスタッフが、不明瞭な動かされた残りである所の位置の5,000人の人々を雇用する。

「もし私がそれをこの方法で呼ぶことができるならば、フランスの政府、ドイツの政府、多くの政府は、それらの司法権に動くために、人々のためにケースを作っている。結局のところ、彼らは、彼ら自身のセンターにそれらの経済のための仕事を作成し、もたらし、費やす裕福な人々を雇い入れたい。」と、オラクルは言った。

オラクルにおいて、UBSの選択は、時間、説明されたそのポイントで、インフラストラクチャー、個々の国で銀行が達することができる取引の性質、およびEUの形に依存する。

同じインタビューにおいて、オラクルは、最終的に銀行がその人員を正しいサイズに減らしたと言った。第1四半期にその利益が67%低下した後に、銀行がそれを言った時に、5月と違うステートメントが、コストを減らした。

これまでに、どのイギリスの銀行も、それが大陸の上に仕事を動かしていると公式に確認しなかったけれども、多くは、それらが、クライアントに最も良いことを最終的にすることを強調した。

イギリスの銀行は、彼らが、単一の市場で、1つのEU国の会社が他の場所にクライアントへのサービスを提供することを可能にするpassporting権利を失うかもしれないことを恐れている。

銀行は、それらが、同じ特権を保持するために、ヨーロッパの本部を大陸に移動させる必要があるかどうかを議論する。

HSBCは、イギリスがEUを去るというショック決定にもかかわらず、それがその本部をロンドンに保持すると確認した。

ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)は、まだ、イギリスの外のそのスタッフのうちのいくつかを動かすことを除外していなかった。

「もしpassportingがすっかり取り除かれるなら、私達が私達のフットプリントを調整する必要があることと、人々が突き止められた所」と、ゴールドマン・サックスの投資バンキング部門の共同経営者リチャード・グノーデ(Richard Gnodde)は言った。

JPモーガンのエコノミストのマルコム・バール(Malcolm Barr, an economist at JP Morgan)は注において「私達は、そこで、規定している不確定要素を与えられるイギリスの外のそれらの活動の位置をシフトする多国籍の操作で、クリアな証拠であることを予定する。金融サービスは、このプロセスに最もさらされるセクタの間にある。」と言った。

フランスの大統領フランソワ・オランド(Francois Hollande, the president of France)は、ロンドンが国民投票結果のため金融のセンターとしてその重要性を失うと確信していた。

今の所、未だ確定的でないが、本当にイギリスがEUを出ると確定すると、雪崩現象が起こることだろう。

そして、イギリスの経済は底が見えなくなり、這い上がるのに何年かかるかわからない。

2016-07-11---数日で首相になるテレサ・メイは、ゴードン・ブラウンを無能と告発。
2016-07-10---セリーナ・ウィリアムズは、ウィンブルドンで勝って、Brexitで3800万円が消えた!
2016-07-04---イングランド銀行は、Brexitの『リスクは結晶しはじめた。』と言った。
2016-07-04---Brexitの指導者UKIPリーダーのナイジェル・ファラージは辞任。
2016-07-03---ドイツはBrexitの後、若いイギリス人に二重国籍を提供しなければならない。
2016-07-01---Brexitの旅行問題。
2016-06-30---スペインのマリアーノ・リジョイ首相は、スコットランドによるEU話を拒否。
2016-06-28---欧州議会、イギリスに「可能な限り早く」EU脱退プロセス開始を要求。
2016-06-27---EU高官は、イギリスがEU離脱手続き取らない可能性を指摘。
2016-06-26---2番目のEU国民投票請願は、320万を通過。
2016-06-26---早速、イギリスのBrexit投票結果で、食品値上げ確実。
2016-06-25---イギリスの国民投票やり直し求める署名100万件超えた。
2016-06-24---イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留!?
2016-06-24---デイビッド・キャメロンは辞任を発表!
2016-06-24---イギリス政府は、S&Pの信用格付けをAAAから落とす。
2016-06-24---イギリスのEU離脱で、シンガポールの両替所に行列!
2016-06-24---Brexitで、アップル株価直撃2.81%落下。トヨタのロンドン市場は、23.68%下落。
2016-06-24---Brexitで、ロンドン証券取引所とドイツ取引所の「合併」?!
2016-06-24---世界中の風刺画家は、EU国民投票結果に反応。
2016-06-24---過去100年で最悪だった総理大臣、さようならキャメロン。
2016-06-24---モルガン・スタンレーは、ロンドンの2000人をダブリンとフランクフルトに移動させる?
2016-06-23---イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !
2016-06-23---ドイツの大衆紙「Bild」、EU残留なら「66年サッカーW杯のゴール認める」
2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-21---EU国民投票2日前の電話投票。どうなるイギリスの身勝手!?
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。