2016年07月05日

星条旗を燃やした抗議者は、罰せない。

犯罪と裁判

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」はAP通信からの情報として、イリノイ検察(Illinois prosecutor)は、星条旗燃焼抗議が独立記念日での彼の逮捕を引き起こしたことに対して、犯罪を申し立てない。

シャンペン郡国家弁護士ジュリア・リエッツRietz(Champaign County State’s Attorney Julia Rietz)は2016年07月05日火曜日に、ステートメントにおいて、星条旗燃焼が、「保護された発言の自由(protected free speech)」であるので、彼女がアーバナ(Urbana)のブライトン・メロット(Bryton Mellott)に対して罪を申し立てないと言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

週末にブライトン・メロットのFacebookページに貼り出された写真は、彼が燃焼星条旗を持っているのを見せた。彼は、彼が、「アメリカ人であることを誇らない。」のであることをレターで知らせた。

メッセージは、有色人種、貧乏、女性、およびLGBTコミュニティのそれらに対して犯された「残虐行為」にも言及する。メッセージは削除されたようであるけれども、写真は残留する。

アーバナ警察(Urbana police)は、ブライトン・メロットと彼の雇用者ウォルマートの恐れがあるポストと発言は、警察に感知され、注釈者について注意をうながされた。警察は、ブライトン・メロットが彼の安全のための懸念の外で。保護されたと言った。

22歳のブライトン・メロットはコメントのための要求を戻さなかった。

ブライトン・メロットのFacebookページに張り出された他の写真は、全く思想を感じさせなかった。

青島幸男は1998年12月17日に、埼玉県庁で行われた第2回口頭審理終了後の報告会で、埼玉大学の林量俶教授より、東京都教育庁指導部長より出された1998年11月20日付通知の話があり、その話しの中で東京都では日の丸・君が代が小学校・中学校では徹底されてきて、高校でも徹底していくという通知が出された。

ただし、「意地悪ばあさん」であった頃の青島幸男は、1993年9月25日に集英社から出版したベストセラー、ジェームズ・クラベル(James Clavell)の著書The Children's Story---but not just for childrenの翻訳版「23分間の奇跡」の訳者あとがきで、「ここで古い教師のマンネリズムを摘発すると同時に、子供たちの集団心理というものが、教職に当たるもののてによって、いかに簡単に誘導されてしまうかというサンプルを提示し、教育問題を改めて考えさせるように、問題を提起している。」と書いている。

その提起とは、「(国旗が)こんなきれいな旗なら、すこし、わけてもらいたいわ。それに、こっきがとてもだいじなものだとしたら、みんなですこしずつ、もっていたらどうかしら」ということで、当時米国で国旗を破ったり、燃やした場合は国辱罪として逮捕される可能性があったにも係わらず、めいめいに旗を切り取って旗ざおだけにしてしまったことである。

またジェームズ・クランベルの作者の後記では、子供にとって「忠誠」とは、その言葉を覚えるための10セントの褒美であり、その意味をしっかり教え、納得させていなかったと指摘している。

つまり、納得できないことを強要することの無意味さを指摘しているのである。

しかし、国によってはお金や国旗を燃やすと反逆罪になる。

2013-03-29---辞職することに合意した教師は、教室で星条旗を踏みつけた!
2006-12-20---青島幸男が死去した。
1932-07-17---青島幸男が生まれた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告