gaYa広告

2016年07月05日

南シナ海での軍事衝突に備え、中国国営紙が社説掲載。

戦争と平和

AFPは、中国共産党の機関紙・人民日報(People's Daily)系の英字紙・環球時報(Global Times)は2016年07月05日に、中国政府は南シナ海(South China Sea)での「軍事衝突」に備えなければならないとする社説を掲載した。

一方、南シナ海の領有権をめぐる国際的な仲裁裁判の判決を1週間後に控え、中国は同水域で海軍による演習を開始した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

国家主義的な論調で知られる環球時報は、中国は防衛力の強化を急ぎ、「いかなる軍事衝突にも備えなければならない」と主張した。「短期的には米軍の軍事力に後れを取るかもしれないが、米国が南シナ海での争いに武力で介入してきたら、耐え難いほどの代償を払わせることはできる。」と述べている。

資源に富み戦略的にも重要な南シナ海のほぼ全域に対して、中国は領有権を主張しており、同じく領有権を主張する東南アジアの近隣諸国と対立している。

また、そうした国々と重要な防衛条約を締結している米国との緊張も高まっている。

その一方で中国は同日、南シナ海の西沙諸島(英語名:パラセル諸島、Paracel Islands)周辺で1週間に及ぶ海軍の軍事演習を開始した。

フィリピンが中国を訴えた国際仲裁手続きでは、1週間後にオランダ・ハーグ(Hague)にあるUN(United Nation/国連)のPCA(The Permanent Court of Arbitration/常設仲裁裁判所)が判決を下すことになっている。

中国政府はこの数年、岩礁を埋め立てて、軍事利用できる施設を備えた人工島の造成を急ピッチで進めている。

もし、PCAで判断ができないということになりと、国連解体もあり得る。

また、人民日報日本語版には、「日本は南中国海でどのような役割を演じたいのか」「南中国海問題、米国は「心理のリバランス」が必要」を公開している。

2016年06月27日からのニュースを見る限り、中国は引く気がない。
どうなる。

2016-02-19---次の世界大戦は南シナ海である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。