7-1

JUNET記念日

日本のインターネットの起源であるJUNETのほとんどのサイトで1987年07月01日日本時間午前9時以降、ネットニュースの配送が停止してしまった。

他サイトから流れてきた記事、自サイトで投稿されたものの処理、 いずれも失敗するようになった。

翌年から07月01日は、当時はやっていた「サラダ記念日」をもじって、翌年の当日には「JUNET記念日」と呼ばれるようになり、ネットニュースの配送に感謝して投稿を控える日となった。

当時使われていたニュース配送システムは、Bnewsと呼ばれるものであったが、 オリジナルのままでは日本語が通らなかったので、JUNETのサイトでは、加藤朗が提供したパッチがあてられたものが利用されていた。
原因は、ネットニュース配送システムで日本語が使えるようにプログラムを改造したそのパッチ部分で、全部小文字でjulyと書くべき所を1406行目でJulyと書いてしまっていたことであった。

折り悪く1987年07月01日にはjus(Japan UNIX Society/日本ユニックスユーザー会)の第9回UNIXシンポジウムが開かれており、 当時のUNIXハッカーやサイト管理者の中には、それに出席するために出払っていた人も多かった。

nttsplは、普段から時計が9時間進んだ状態で運営されていた。

時計のずれのため、他のサイトより9時間早く問題が発生した。
ここから復旧作業が開始し、事故発生と修正の情報が伝わっていく。

事故後しばらくは未修正のサイトがあることを考慮し、 記事を確実に流通させるために、Date:フィールドを手で6月や8月に修正するというとりあえずの対症療法も使われた。

1987-07-01---JUNETのほとんどのサイトで、ネットニュースの配送が停止。

Related Dates