on-the-time.jp

2016年06月21日

若いユーザー、銀行に懐疑的。テク会社により暖か。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Neopayの調査報告として、イギリスのより若いユーザーは、デジタル支払いのための非伝統的なプレーヤーを信頼することについて注意を払われるので、より無防備である一方、銀行について用心深い。

Neopayによる研究によれば、25-34歳の金融の服従会社および発見された41%は、そのようなトランザクションをそれらの銀行に託さない。一方、35-44歳の場合は24%は、45-54歳の場合は24%、および55-64歳の場合はほんの17%が懸念を表現した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

しかし、より若いユーザーは、彼らがテク会社のアップルを信頼するか、またはGoogleであるかどうかを尋ねられた時には、状況は逆転した。どちらも飛躍をバンキングにしなかったけれども、両方の会社はモバイルの支払いにおいてアクティブである。人口統計のより若さ18-24歳の間では32%、より年上のユーザー55-64歳の間では17.5%がテク会社を信頼する。

Neopayの商業用のディレクタースコット・ドーソン(Scott Dawson, commercial director at Neopay)は「伝統的に、銀行は信頼性と固体性と同義であった。しかし、金融恐慌以来、銀行の丈夫さは疑いに投げられている。」また、自動化されたプロセスでの上昇はユーザーと銀行の間のリンクを侵食したと、彼は付け加えた。

「若い人々は前の世代よりずっと小さい範囲にだけ信託銀行を静める。Apple Payやプリペイドカードなど金融サービスの他のプロバイダーは、現在、信用できる選択肢ととても考えられる。」と、彼は付け加えた。

いくら地道に金融の信頼を重視してきた銀行は、現金には強いが、デジタル支払いでは信用できないのは、当然である。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。