on-the-time.jp

2016年06月21日

若いユーザー、銀行に懐疑的。テク会社により暖か。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Neopayの調査報告として、イギリスのより若いユーザーは、デジタル支払いのための非伝統的なプレーヤーを信頼することについて注意を払われるので、より無防備である一方、銀行について用心深い。

Neopayによる研究によれば、25-34歳の金融の服従会社および発見された41%は、そのようなトランザクションをそれらの銀行に託さない。一方、35-44歳の場合は24%は、45-54歳の場合は24%、および55-64歳の場合はほんの17%が懸念を表現した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

しかし、より若いユーザーは、彼らがテク会社のアップルを信頼するか、またはGoogleであるかどうかを尋ねられた時には、状況は逆転した。どちらも飛躍をバンキングにしなかったけれども、両方の会社はモバイルの支払いにおいてアクティブである。人口統計のより若さ18-24歳の間では32%、より年上のユーザー55-64歳の間では17.5%がテク会社を信頼する。

Neopayの商業用のディレクタースコット・ドーソン(Scott Dawson, commercial director at Neopay)は「伝統的に、銀行は信頼性と固体性と同義であった。しかし、金融恐慌以来、銀行の丈夫さは疑いに投げられている。」また、自動化されたプロセスでの上昇はユーザーと銀行の間のリンクを侵食したと、彼は付け加えた。

「若い人々は前の世代よりずっと小さい範囲にだけ信託銀行を静める。Apple Payやプリペイドカードなど金融サービスの他のプロバイダーは、現在、信用できる選択肢ととても考えられる。」と、彼は付け加えた。

いくら地道に金融の信頼を重視してきた銀行は、現金には強いが、デジタル支払いでは信用できないのは、当然である。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。