2016-06-24

モルガン・スタンレーは、ロンドンの2000人をダブリンとフランクフルトに移動させる?

銀行政治経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年06月24日に、アメリカの投資銀行モルガン・スタンレーThe American investment bank Morgan Stanley)は、イギリスがEUを去るために賛成投票に続いて、ロンドンで働いている2000人の仕事をダブリン(Dublin )とフランクフルト(Frankfurt)に移動させるという公式な計画を全然ないと言った。

関係筋は金曜日に、すでにプロセスが進行中であるとBBCに言った。

アメリカの投資銀行は、仕事を、他の投資バンキング機能だけでなく純益をユーロを上げることとシニア管理で動かしていると報告された。

モルガン・スタンレーのスポークスマンは「インディペンデント」に、リポートが真実でなく、銀行が、そのような変化を起こす即時の計画を全然持っていないと言った。

第一次報告は、その国に永久的なベースを持たずに、それがすべてのEU国家を横切る金融サービスを提供することを可能にするpassportingシステムのためモルガン・スタンレーが杖を動かす必要があることを示唆した。

それらがBrexitの意味を鑑定すると、企業が、余剰物を含むかもしれないリストラクチャリングを始めることは期待されている。

私は、激動の時、当然の行動だと思う。
日本のトヨタ、日産、ホンダなど、EUのための工場をイギリスに置くべき時代は終わった。動くべきときである。
寝ているときではない。
車1代に対する関税は巨額すぎるだろう
今度帰ってくるときは、スコットランドが独立し、EUに参加するときである。

HSBCとゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)は、国民投票の前に出された声明にもかかわらず、それらが、イギリスの外の操作を動かす即時の計画を全然持っていないと言った。

HSBCの取締役会長スチュアート・ガリバー(Stuart Gulliver, HSBC's chief executive)は、2月に、スカイ・ニュースに、Brexitが、その5,000人のロンドン投資銀行家の20%がロンドンからパリへ、動かされるのを見ることができると言った。

すでに、ロンドンとフランクフルトの証券取引所が、合併すると言っている。

もし28メンバーブロックをやめるために、イギリスが投票したなら、ゴールドマン・サックスは、それが都市の外で何人かのスタッフが感動しそうないくつかの警告も出した。

しかし、2016年06月24日朝、HSBCのチェアーであるダグラス・フリント(Douglas Flint, HSBC's chair)は、銀行のそれを追加している「イギリスのビジネス、顧客、およびスタッフへの関与」を強調した票それ「衰えなくあり続ける」。

シンプソン・ミラーのパートナー、および雇用法律注文取りアネイル・バルゴビン(Aneil Balgobin)は、彼が、外国のオフィスでの投資を見ることを予定すると言った。

「影響されるセクタの従業員は、直ちにそれらの雇用契約この週末を掘り出したく、制限的な契約や冗長性用語などの最も関連したパラグラフによって自身でアップデートできる。」と、彼は付け加えた。

多くの都市組織は、票に先がけて、EUを去ることが大陸に操作の仕事損失と動きを意味しているかもしれないと警告した。

「EUを去るイギリスの決定により仕事のための莫大な不確実性が金融サービス産業に近付けられる」と、文化的な診断学会社Alderbrookeの創立者ポール・クック(Paul Cook, founder a cultural diagnostics firm Alderbrooke)は言った。

コックは、直ちに仕事が動かされるかどうかを疑った。

「ロンドンの外でそれらの本部を動かしている人員削減と銀行についての決定は、直ちに効果的ではない--しかし、『次に、何が起こるか?』についてセクタニーが数ヶ月の不確実性で、最後の物既存のコストプレッシャーを圧迫している。」と、彼は付け加えた。

お金による数字の投資は、それができる。

ただし、製品の移動は、関税が絡む。

イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴの会社、Toyota、Nissan、Vauxhall、Hond、Unilever、GE、Airbusは、イギリスからEU各国に製品を移動するたびに、関税が取られる。
それは、イギリス国内消費の量を比較すると、生産工場を移動すべきだろう。

つまり、キャラバンの再回である。イギリスで生産するメリットが消え、デメリットだけになる。

2016-06-24---過去100年で最悪だった総理大臣、さようならキャメロン。
2016-06-24---世界中の風刺画家は、EU国民投票結果に反応。
2016-06-24---イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留!?
2016-06-24---デイビッド・キャメロンは辞任を発表!
2016-06-24---イギリス政府は、S&Pの信用格付けをAAAから落とす。
2016-06-24---イギリスのEU離脱で、シンガポールの両替所に行列!
2016-06-24---Brexitで、アップル株価直撃2.81%落下。トヨタのロンドン市場は、23.68%下落。
2016-06-24---Brexitで、ロンドン証券取引所とドイツ取引所の「合併」?!
2016-06-23---イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !
2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。