2016-06-24

世界中の風刺画家は、EU国民投票結果に反応。

経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、世界中の風刺画家は、それらの反応が、EU(European Union/欧州連合)を去るというイギリスの票を表現するために、ペンを紙に置いたと報告した。

金融市場と世論調査員に衝撃を与えた結果において、主として、ヨーロッパの単一性において破裂を選択すると、Brexitに賛成の投票をした一般大衆の52%が描かれた。

より痛烈な絵のうちの1つは、取り替えられないようにEUフラグの12つの星のうちの1つがドロップアウトするのが見せた。

欧州連合フラグの12人のスターは、団結、調和、および平和のその原則に賛成する一方、円は単一性を象徴している。

1950年代に始まったヨーロッパのプロジェクトは示されて、別のものとして、ユニオンジャック(Union Jack)が背景に対して磔にされる。

イギリスの国民投票票への上昇において、ヨーロッパの残りのほとんどは、イギリスの一般大衆に、経済および政治的なブロックとそれらの43年関係を終えないと集合的に嘆願した。

ヨーロッパの新聞は、また、それのためのその「賞賛」について特に話しているドイツのシュピーゲル(Der Spiegel)、およびそれと結合し続けることの希望によってイギリスの一般大衆に最終的な訴えをその海外の隣人にした。

絶望的にイギリス人を防止しようとしている2016年06月23日の票示されたヨーロッパのすぐ前に出現する漫画は、オフで帆走することから出荷する。

まだ、それを帆走しなさいIMF(International Monetary Fund/国際通貨基金)、世界銀行(World Bank)、国連(United Nations)、環境エージェンシー(environment agencies)、大学(universities)、科学者(scientists)、NATO、東から西(East to West)までのからの世界的リーダー、およびイギリスでより若い世代の多くから、警告を無視している。

解説者は、決定によりイギリスでスコットランドがロンドンの外のエリアのほとんどによって部門に見せられると言い、残留キャンプのそれらが言ったことに賛成の投票をしている北アイルランドは、純粋な「孤立主義(isolationism/島国根性)」であった。

何人かの風刺画家がより陽気な眺めを取った。

1つの絵において、それが壊れると、首相アンゲラ・メルケル(Chancellor Angela Merkel)および彼女の財務大臣ウォルフガングショイブレ(finance minister Wolfgang Schäuble)がイギリスを凝視し、その上で全体のマニアであるリリーフにおいて、それらの眉を拭く。

別の絵において、イギリスは空所に突入する。

そしてメルケル、およびそれと結合される5億人の他のEU国民の他は、現在イギリスのスケープゴートが誰になるかを疑った。

フランスの大統領として、シャルル・ド・ゴール(Charles de Gaulle)は、いつ繰り返し、イギリスが1963年にEECを入力しようとするかを言った。そのメンバーシップはイギリスの「根深い敵意」のためヨーロッパに拒絶された。

新しいい風刺画を見つけたら、ここに追加することにした。

2016-06-24---イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留!?
2016-06-24---デイビッド・キャメロンは辞任を発表!
2016-06-24---イギリス政府は、S&Pの信用格付けをAAAから落とす。
2016-06-24---イギリスのEU離脱で、シンガポールの両替所に行列!
2016-06-24---Brexitで、アップル株価直撃2.81%落下。トヨタのロンドン市場は、23.68%下落。
2016-06-24---Brexitで、ロンドン証券取引所とドイツ取引所の「合併」?!
2016-06-23---イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !
2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。