2016年06月23日

中国江蘇省で、暴風と竜巻により、98人が死亡。負傷者は約800人。

自然

AFPは2016年06月24日に、中国東部江蘇(江苏省/Jiangsu)省の塩城(盐城/Yancheng)市では2016年06月23日に、竜巻や最大瞬間風速約35mの暴風に見舞われたと報告した。

2016年06月24日も行方不明者の捜索が行われている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

地元当局によると、これまでに98人の死亡が確認され、負傷者も約800人に上っている。

江蘇省の自然災害としては過去最も深刻なものの一つで、中でも竜巻は、中国で起きたものとしては過去50年で最悪のものだった。
中国国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)は「全力を挙げての救助活動」を指示した。

ただし、最大瞬間風速約35mの暴風というのは、それほど大きくはないので、竜巻が原因か、または建物がかなり悪かったのかもしれない。

中には、レンガを積んだだけの家もあるようだ。

中国もそろそろ、建築基準法を厳しくすべきだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト