2016-06-24

デイビッド・キャメロンは辞任を発表!

政治経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、デイビッド・キャメロン(David Cameron)は、約半世紀後にEU(European Union/欧州連合)を去るためにイギリスが投票した後に、彼が総理大臣として辞めることを発表したと報告した。

以前から、投票が行われば、どちらにしてもデイビッド・キャメロンは辞任すると言われていた。

ダウニング街の外で、彼のわきに妻がいるところでステートメントにおいて、キャメロンは、「キャプテン」として、彼が新しい方向に向かうことが、「正しいことではない。」と言った。

彼の声は、破壊によって、「私はこの国を愛し、することはすべて、私は提供するためにすることができる。」けれども彼は、「イギリスの人々の意志は、配達されなければならない手順である。」と追加して彼は言った。

キャメロンは、新しい保守党リーダーが選ばれるけれども、彼が、10月に保守党会議の時間までになくなったことを期待した間、彼は実際に滞在すると言った。

「私達は現在EUと再交渉の準備をしなければならない。とりわけこれは、強い決定で、委任されたリーダーシップを必要とする。」

「私は、この国が、その方向に取る新鮮なリーダーシップに要求したいと思う。」

キャメロンは重要に、彼が、Brexitのプロセスを始めるにあたって、リスボン条約の記事50(Article 50 of the Lisbon)をもたらさないと言った。おそらく、ロンドンの前者の市長であるボリス・ジョンソン( former Mayor of London Boris Johnson)または内務大臣テレサ・メイ(Home Secretary Theresa May)のような、その決定を後継者に任せる。

保守党リーダーシップ選挙は数週以内に進行中になりそうである。

彼のステートメントは、約半世紀のメンバーシップの後に、欧州連合を国を、免許がない政治的で、経済の領域に突っ込ませておくためにイギリスの人々が投票した顕著な夜に続いていた。

宣言された結果にもかかわらず、有権者はBrexitを52から48%までのマージンをバックさせた。

結果は、また、EUにとどまるためにイングランド(England)とウェールズ(Wales)と違って投票したスコットランド(Scotland)の2番目の独立国民投票を引き起こしそうである。

ニコラ・スタージョン(Nicola Sturgeon)は、それをスコットランドの票が、未来を欧州連合の一部と考えたと「明らかにされた」と言っていた。

市場は、ドルに対して、30年より多くで見られなかったレベルに急落している。ポンドを持つ票にアラームと反応した。FTSEは、約10%落ちるように予測された。

1人の都市アナリストが票を「すべての時間の最も大きい市場ショックのうちの1つ」と評した。

前者の自由民主党員リーダーは「私達の国に.神助け(God help our country)」をツイートした。ドイツ財務大臣ウォルフガング・ショイブレ( German Finance Minister Wolfgang Schäuble)は、それが「ヨーロッパのための悲しい日(sad day for Europe)」であると言った。

しかし、、静けさを要求する出発票を投じた労働女性議長ギゼラスチュアート(Gisela Stuart, the Labour chairwoman of Vote Leave)。

「長い目で見れば、ヨーロッパとイギリスは結果としてより強く出現する。」と、彼女は言った。

投票が閉まる数時間まさに前にされた、EU混同予測を残すことのサポートでの急増の後の朝に、午前4.40amのすぐ後に非公式な結果が確認された。

中間イギリスは、経済のハルマゲドンの警告(warnings of economic Armageddon)を包括的に拒絶し、去るために投票するために、北東の国の産業の中心地域と北西と協力した。

残留のサポートはロンドンとスコットランドに最も強かったけれども、Brexit推進力を支持してシェフィールド(Sheffield)とバーミンガム(Birmingham)のような都市が、カンタベリー(Canterbury)、トーベイ(Torbay)、およびピーターバラ(Peterborough)に協力することは、残留キャンプから漂流させた。

結果は現在、EUからイギリスの撤退のフォーマルなプロセスを引き起こす。
ブリュッセルの来週のヨーロッパのリーダーの計画されたミーティングは、現在「緊急事態Brexitサミット(emergency Brexit summit)」になる。

世界中の市場が大揺れしている。

2016-06-24---イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留!?
2016-06-23---イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !
2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。