2016-06-24

イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留!?

政治

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年06月24日に、イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留だが、まだ開票中であり、早い結果は許可のための景気づけを示唆すると報告した。

地域ごとでの情報も、地図でリードしている最新情報が掲載されている。

どのようにローカルなエリアが投票したかを見つけ出すために、検索ツールも用いることができる。

ただし、開票中であり、EU国民投票から最新のライブな更新で再確認すべきである。

グラフィックが継続的にアップデートされる。しかし、結果が金曜日の朝に宣言されるまで、このページを更新される。

イギリスは、歴史的な国民投票で、EUの中に残留したいか、EUを去るかに投票し、国中いたるところから結果を戻すために、夜の間投票チームが働いている。

この決定は国、世界のイギリスの場所のために、莫大な小区分を持つ。
そして、イギリスのほとんどのシニア政治家の多くの政治的な先物を追い続けている。

投票用紙記入所としてリリースされた最終的な世論調査は午後10時で閉じた。
残留するために、4ポイントリードを与えた。
しかし、それが従来の出口調査から遠く、実施される間、ほとんどの投票として精度問題の同様なセットが必要である。

そして、ニューカッスル(Newcastle)とサンダランド(Sunderland)から入った最初の主要な結果は、出発のための予測されたエキスパートよりずっと強いパフォーマンスを示した。

1時間先、および小さい人口、EUの他の側に置かれた領域ジブラルタル(Gibraltar)からとして、真夜中の前に最初に、その結果を発表し、残留するために、大きいリードを与えた。

その最初の結果から、最後までは、金曜日の朝に朝食時間あたりで予期されて、「インディペンデント」は、ここのインタラクティブなライブ追跡者でのすべての計算をあなたに提供すると言っている。

書いている間にも、結果がどんどん変わってきている。