gaYa広告

2016年06月23日

イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !

政治経済

AFPは、イギリスがEU(European Union/欧州連合)から離脱するか、残留するかを問う国民投票の日を迎えた。
政府公認の賭元業者大手ブックメーカーによれば、国民投票の行方をめぐる賭けはイギリス史上最大の政治イベントとなっている。

「残留」派と「離脱」派の割合は、世論調査では拮抗(きっこう)しているが、ブックメーカーの予測では「残留」派が優勢と読んでいる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

「残留」派と「離脱」派の割合は、世論調査では拮抗(きっこう)しているが、ブックメーカーの予測では「残留」派が優勢と読んでいる。

オンライン専業のブックメーカー「ベットフェア(Betfair)」の払戻金総額は最高記録を更新し、6000万ユーロ(約71億2000万円)近くに達している。これまでの最高額は、バラク・オバマ(Barack Obama)米国大統領が再選を決めた2012年米国大統領選の際の4000万ユーロ(約47億5000万円)だったと言っている。

ブックメーカーは採算性を考慮して賭けの倍率(オッズ)を決定するため世論調査との直接比較はできないが、「ベットフェア」は投票前日の時点で、74%の確率で「残留」との予測を示している。

一方、大手「ウィリアム・ヒル(William Hill)」の場合、払戻金総額は2000万ポンド(約31億円)で、同じく22日時点の「残留」の確率が76%となっている。

また、ラドブロークス(Ladbrokes)は「残留」78%と予測しているものの、「離脱」に賭ける客が圧倒的に多いという。

2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告