gaYa広告

2016年06月23日

イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !

政治経済

AFPは、イギリスがEU(European Union/欧州連合)から離脱するか、残留するかを問う国民投票の日を迎えた。
政府公認の賭元業者大手ブックメーカーによれば、国民投票の行方をめぐる賭けはイギリス史上最大の政治イベントとなっている。

「残留」派と「離脱」派の割合は、世論調査では拮抗(きっこう)しているが、ブックメーカーの予測では「残留」派が優勢と読んでいる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「残留」派と「離脱」派の割合は、世論調査では拮抗(きっこう)しているが、ブックメーカーの予測では「残留」派が優勢と読んでいる。

オンライン専業のブックメーカー「ベットフェア(Betfair)」の払戻金総額は最高記録を更新し、6000万ユーロ(約71億2000万円)近くに達している。これまでの最高額は、バラク・オバマ(Barack Obama)米国大統領が再選を決めた2012年米国大統領選の際の4000万ユーロ(約47億5000万円)だったと言っている。

ブックメーカーは採算性を考慮して賭けの倍率(オッズ)を決定するため世論調査との直接比較はできないが、「ベットフェア」は投票前日の時点で、74%の確率で「残留」との予測を示している。

一方、大手「ウィリアム・ヒル(William Hill)」の場合、払戻金総額は2000万ポンド(約31億円)で、同じく22日時点の「残留」の確率が76%となっている。

また、ラドブロークス(Ladbrokes)は「残留」78%と予測しているものの、「離脱」に賭ける客が圧倒的に多いという。

2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告