on-the-time.jp

2016-06-18

女性は、息子を救うために、アメリカライオンの口をこじ開けた。

自然

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、AP通信からの情報として、悲鳴を聞いたコロラドの女性は彼女の前の庭で恐ろしい光景を見た。

彼女の5歳息子の上で、アメリカライオンが、彼を噛んで丸められていた。

女性は動物をチャージし、その足のうちの1つが向こうにぐいと引っ張られて、彼女の息子の頭全体が、その口の中にあると気づいた。

彼女は降りなかった。

[AD] You can advertise on this site.

ピトキン郡保安官の代理人マイケル・バーグリオネ(Pitkin County Sheriff’s Deputy Michael Buglione)は、
「彼女は、開いている猫の口をてこの要領で取り外すことができた。」「彼女はヒーローである。」と言った。

少年は、頭、顔、首に、深い切り傷を被り、息子をデンバー病院に飛行した。引っかき傷と噛まれた傷があったが、母が彼の生命を救ったと思われる。

アスペンのリゾート町の近くでそれらの家の外で5歳と彼の兄が遊んでいた時、きびしい試練が金曜日に開始したと、マイケル・バーグリオネは言った。

外で女性が走った時に、彼女は、アメリカライオンが、自由になるように奮闘していた彼女のより若い息子の上にかがんでいるのを発見した。

「少年は猫の下に完全にいた」と、マイケル・バーグリオネはアスペン・タイムズ(The Aspen Times)に言った。

母はライオンの口をつかみ、それをてこの要領で取り外した開き、少年を解放して、彼女はその時に彼をすくい上げて、逃走したと、代理人は言った。

攻撃が起こった時に、少年の父はちょうどランニングから戻ったところであった。彼は、彼の妻と息子が待つ車に飛び込み、アスペン病院(Aspen hospital)に急いだ時に、911に電話した。

そこから、子供を公正な条件のデンバー子供病院(Children’s Hospital in Denver)に飛行した。土曜日に、病院のスポークスウーマンは、彼女が、彼の条件において少しの詳細もリリースすることについて権限を与えられなかったto話した。

母は噛まれて苦しんだ彼女の手に跡があったし、彼女の足においてひっかかれたと、当局は言った。彼女は治療されて、退院した。

ファミリーの名前はリリースされなかった。

アメリカライオンは、約2歳であると見積もられて、完全な大人に育てられたわけではなかった。

「それは大きい猫ではなかった。」と、マイケル・バーグリオネは言った。

野生生物役員は、攻撃の数時間以内にエリアで2匹のアメリカライオンを殺した。動物は、決定するために調査されていたそれらが空腹であったか病的か、またはちょうど間違いの時間の間違いの場所であった。

国の野生生物役員によると、コロラドは最高4,500匹のアメリカライオンのホームであり、それらは、時々、食物を捜して都市のエリアにうろつく。1990年以来、アメリカライオンは3人の人々を殺し、18人を傷つけた。

「彼らが食物を捜し回ることができる所で生息地を見つけて、それらは野生動物である。」と、コロラド公園と野生生物スポークスマンのマット・ロビンズは言った。「あなたがウサギをを持っている時に、きつねまたはコヨーテを見つけそうである。もし鹿を持っているならば、アメリカライオンと気付くよいチャンスがある。」

コロラドの人へのこの前、既知のライオン攻撃は、2015年7月にあったと、野生生物役員は言った。彼が、金曜日の攻撃が起こった所から約60マイルの北ドステロ(Dotsero)で、釣りをしている時に、若いライオンは男性を攻撃した。男性は引っかき傷と噛まれた傷で仰向けに被り、ローカルなクリニックで扱われて、退院した。

その出来事では、小ささ、1歳の雄と評されるライオンは追跡されて、殺した。

アメリカライオンの場合、戦えば、助かることが多いということだろうか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE