2016-06-14

Etisalatは、ハルツームの銀行に売却。

モバイル・マネー

Cellular-News.comは2016年06月14日に、UAE基づくEtisalatは、スーダンの地上通信線オペレータのカニャル(Canar Telecommunications)をハルツーム(Khartoum)の地方銀行に売ったことを発表したと報告した。

これまで、携帯電話事業者が銀行を買収した話は、時々起こっていたが、逆に地方銀行が携帯電話事業者Etisalatの株式を取得し、買収した。

[AD] You can advertise on this site.

Etisalatは、以前に、カニャルをザイン(Zain)に売ることで合意したけれども、ハルツームの銀行は、地上通信線オペレータのブロック株式3.7%を持っていた。またカニャルの売却を防止するオプションが行使する権利を所有していた。

銀行は、Etisalatの92.3%の株式を買うオプションも行使し、会社のためにザインが提供したのと同じ価格US$9520万を支払っている。

ハルツームの銀行とのEtisalatの取引は、スーダン当局の承認を含み、一定の条件が必要であり続けると、Etisalatは言った。

ハルツームの銀行が携帯電話事業を継続し、モバイル・マネーを提供するのかどうかは不明である。

スーダンには、Zain Sudan、MTN Sudan、Sudani OneとCanar Telecommunicationsの4社がサービスを提供していたが、その中でもZain Sudanが一番大きく、Canar Telecommunicationsはもっとも小さかった。

また、サービスもほとんどしていなかった。
いずれZain Sudanに売却するが、投資分を確実にするために買収したのだろう。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.