on-the-time.jp

2016年06月14日

Etisalatは、ハルツームの銀行に売却。

モバイル・マネー

Cellular-News.comは2016年06月14日に、UAE基づくEtisalatは、スーダンの地上通信線オペレータのカニャル(Canar Telecommunications)をハルツーム(Khartoum)の地方銀行に売ったことを発表したと報告した。

これまで、携帯電話事業者が銀行を買収した話は、時々起こっていたが、逆に地方銀行が携帯電話事業者Etisalatの株式を取得し、買収した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

Etisalatは、以前に、カニャルをザイン(Zain)に売ることで合意したけれども、ハルツームの銀行は、地上通信線オペレータのブロック株式3.7%を持っていた。またカニャルの売却を防止するオプションが行使する権利を所有していた。

銀行は、Etisalatの92.3%の株式を買うオプションも行使し、会社のためにザインが提供したのと同じ価格US$9520万を支払っている。

ハルツームの銀行とのEtisalatの取引は、スーダン当局の承認を含み、一定の条件が必要であり続けると、Etisalatは言った。

ハルツームの銀行が携帯電話事業を継続し、モバイル・マネーを提供するのかどうかは不明である。

スーダンには、Zain Sudan、MTN Sudan、Sudani OneとCanar Telecommunicationsの4社がサービスを提供していたが、その中でもZain Sudanが一番大きく、Canar Telecommunicationsはもっとも小さかった。

また、サービスもほとんどしていなかった。
いずれZain Sudanに売却するが、投資分を確実にするために買収したのだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。