gaYa広告

2016年06月14日

Etisalatは、ハルツームの銀行に売却。

モバイル・マネー

Cellular-News.comは2016年06月14日に、UAE基づくEtisalatは、スーダンの地上通信線オペレータのカニャル(Canar Telecommunications)をハルツーム(Khartoum)の地方銀行に売ったことを発表したと報告した。

これまで、携帯電話事業者が銀行を買収した話は、時々起こっていたが、逆に地方銀行が携帯電話事業者Etisalatの株式を取得し、買収した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Etisalatは、以前に、カニャルをザイン(Zain)に売ることで合意したけれども、ハルツームの銀行は、地上通信線オペレータのブロック株式3.7%を持っていた。またカニャルの売却を防止するオプションが行使する権利を所有していた。

銀行は、Etisalatの92.3%の株式を買うオプションも行使し、会社のためにザインが提供したのと同じ価格US$9520万を支払っている。

ハルツームの銀行とのEtisalatの取引は、スーダン当局の承認を含み、一定の条件が必要であり続けると、Etisalatは言った。

ハルツームの銀行が携帯電話事業を継続し、モバイル・マネーを提供するのかどうかは不明である。

スーダンには、Zain Sudan、MTN Sudan、Sudani OneとCanar Telecommunicationsの4社がサービスを提供していたが、その中でもZain Sudanが一番大きく、Canar Telecommunicationsはもっとも小さかった。

また、サービスもほとんどしていなかった。
いずれZain Sudanに売却するが、投資分を確実にするために買収したのだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。