2016年06月14日

神学教授、TVで祈らない人は「けだもの」と言って、騒動!

宗教

AFPは、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」に合わせたトルコ国営テレビの番組に出演したある大学教授が、祈らない人々は「けだもの」だと発言したことが世論の怒りを買っていると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

国営テレビ局TRTで先週末に放送された番組に出演したアンカラ大学(Ankara University)神学部のムスタファ・アスカル(Mustafa Askar)教授は「はっきり言って、コーランの一節によれば、けだものは祈りをささげないし、祈りをささげないものはけだものだ。」と述べた。

さらにアスカル教授は、人間だけが祈りのためにひれ伏すことができる額を持った生き物だと主張し、「人は、祈りの人間工学にそぐうよう創造された」と語った。

アスカル教授の発言が物議を醸す中、ヌレッティン・ジャニクリ(Nurettin Canikli)副首相は2016年06月13日の閣議の後で記者団に「番組の詳細を見る機会が持てていない。もしも、それが犯罪に当たるならば、わが国の検察と裁判所により、必要な捜査と起訴がなされるだろう。何も障害はない」と述べるにとどまった。

トルコは世俗主義の憲法の下で信仰の自由が保障されているが、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領率いる現政権下ではイスラム化が進んでいるという批判の声が上がっている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告