gaYa広告

2016年06月14日

JTBは、最大793万人分の個人情報を流出。

観光

日本経済新聞 電子版は、インターネット販売を手掛けるグループ会社のi.JTB(アイ・ドット・ジェイティービー)のサーバーに外部からの不正アクセスがあり、顧客の個人情報が一部流出した可能性があると、は2016年06月14日に発表したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

現時点で、流出の事実を確認していないが、最大で793万人分の個人情報が含まれている可能性があると言っている。

流出した可能性のある情報には旅行商品をオンライン予約した客の氏名、住所や電話番号、パスポート番号などが含まれる。

JTBの高橋広行社長が2016年06月14日午後5時から都内で、不正アクセスによる個人情報流出の可能性について記者会見を開いた。

顧客対応の窓口は、専用のフリーダイヤルとして、(0120・589・272)を開設した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。