6月13日

小さな親切の日

教育

東北大学理学部出身で、東大史上初の他大学出身の茅誠司(1898 - 1988)第17代東京大学総長が、退任前の最後の東京大学の卒業式の告辞の中で、1963年03月に「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と言ったことがきっかけとなって、1963年06月13日に、茅誠司東京大学総長を始めとする8名の提唱者が、運動を発足させた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

茅誠司は初代代表に就任し、23年間、代表を務めていた。
「小さな親切」運動本部はその後も活動を続け、森亘第23代東大総長も、総長退任後に3代目の代表を務めていた。

このときの「小さな親切」の話を朝日新聞の天声人語が取り上げたことから、社会の関心が集まり、一種の社会運動に発 展していった。

「できる親切はみんなでしよう それが社会の習慣となるように、」「人を信じ、人を愛し、人に尽くす」をスローガンに「小さな親切」運動が進められている。

「さまざまな知識を持っているだけでは、エンサイクロペディア(百科事典)を頭の中にかかえて歩いている人間にすぎません。その教養を社会人としての生活の中に、どのように生かすかということが重要と存じます。」

そして、その教養を基盤として人格をつくるために必要なこととして、エピソードを聞かせ、「小さな親切」はなだれのように発達するものであるとともに、バラバラの知識を統合して立派な人間形成に寄与するものであると茅学長は説き、やろうとすれば誰でもできることから始められると諭した。

1963-06-13---「小さな親切」運動本部が発足した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。