gaYa広告

6月1日

電波の日

占領軍による占領からの独立した1950年06月01日とほぼ同時に、電波法、放送法、電波監理委員会設置法、いわゆる電波三法が施行され、電波が一般に開放されたことから、郵政省(現在の総務省)が1951年に、06月01日を電波の日に制定した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

同じ日に、旧来の「無線電信法」「放送用私設無線電信電話規則」などが廃止され、現在まで続く体制となった。

新法成立に伴って電気通信省、電波庁は廃止され、電波監理委員会に移管された。

電波管理局は電波監理局に移行したが、1952年に電波監理委員会は廃止され、電波行政は郵政省(現在の総務省)所管となった。

NHKは、旧「社団法人日本放送協会」から、新たな特殊法人「日本放送協会」に生まれ変わった。

放送の独占は失われ、公共放送として放送法により徴収することが認められた受信料を財源とする組織となった。

放送法の成立に先立って、1950年3月31日をもってラジオ業界に大きな力を持っていた「放送協会認定制度」や「指定ラジオ店」、「ラジオ相談所」業務は廃止された。

NHKの受信機業務は、放送技術研究所による技術開発やラジオ普及の啓発や受信障害対策を中心とする聴取者業務のみが残された。
また、電気通信省(旧逓信省)によるラジオ受信機の型式試験制度も廃止された。

電波三法成立後は、ラジオの聴取は自由となり、代わりに設置するものは聴取料を支払う受信契約をNHKと結ぶことが義務付けられた。

放送法の成立により、1951年には民間放送が開局することが確かになった。

1951年04月21日、日本最初の民間放送局16局に予備免許が与えられ、放送は新たな時代を迎えた。
16局を列記すると次のとおりである。

東京:ラジオ東京(現在のTBS)、日本文化放送(現在の文化放送)、
名古屋:中部日本放送
大阪:新日本放送(後の毎日放送)、朝日放送
神戸:神戸放送
札幌:北海道放送
仙台:仙台放送(後の東北放送)
広島:広島放送(後のラジオ中国)
金沢:北陸文化放送(後の北陸放送)
富山:北日本放送
福井:福井放送
徳島:四国放送
福岡:ラジオ九州
久留米:西日本放送

1951年07月20日には日本民間放送連盟(任意組合)が結成され、1952年7月21日に社団法人となった。
そして1951年09月01日、中部日本放送(名古屋)と新日本放送(大阪)によって日本最初の民間放送が開始された。
次いで1951年11月11日に朝日放送(大阪)、1951年12月01日にラジオ九州、1951年12月24日にはラジオ東京と京都放送が開局した。
1952年には遅れて予備免許を取得した信越放送(長野)、静岡放送、ラジオ新潟を含む12社が続けて開局した。
1953年にも開局が続き、民間放送はわずか2年で全国で32社を数えるまでになった。

なんと!早川電機工業(シャープ)の民放開局直前の広告があった!

また、郵政省(現在の総務省)が1951年に、06月01日を電波の日に制定した。

1950-06-01---電波三法が施行され、電波が一般に開放された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト