gaYa広告

2016年05月30日

ゴリラの檻に落ちた子供を助けるためにゴリラを撃ち殺した。

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、シンシナティ動物園(Cincinnati Zoo)でゴリラの檻に落ちた子供の両親が、スタッフに非常に貴重な400-lb animalsであるゴリラを撃ち殺すように強制し、撃ち殺されたことから、怒りマウントとして非難されていると報告した。

囲いに落ちた子供の生死は、確認されていなかった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

動物園職員が、それらが選択肢を全然持っていないことを説明することのにつれて、けれども動物を殺す不承不承の決定を取るために、猿の囲いでビデオにおいて誰が捕らえられたか、乱暴と怒りの波は4歳のまだ未確認の両親を中心に行いはじめた。

動物園のディレクターであるセイン・メイナード(Thane Maynard)は、それらの決定により、ハランベ(Harambe)と呼ばれる17歳の西低地ゴリラを殺すために、動物園の危険な動物性の反応チームがサポートした。

「彼らは難しい選択をし、彼らは正しいい選択をした。なぜなら、彼らはその小さな少年の生命を救ったからである。」と、彼は言った。

精神安定剤は、ダーツが動物を撹拌したかもしれない間少年を救うまでに、効果を生じないかもしれず、状況を悪化させると、セイン・メイナードは言った。

ゴリラ世界(Gorilla World)囲いが閉じられ続けたシンシナティ動物園(Cincinnati Zoo)と植物庭園(Botanial Gardens)への訪問者は、日曜日に、出来事がレッスンをすべての両親に教えたと言った。

4人の親トリシア・グレン(Tricia Glenn)が、「あなたの両親の言うことを聞きなさい。それらが動物の無障害であるため、あなたが登らず、行くと報じる時には、悪い事が起こるかもしれないので、あなたは注意を支払う必要がある。」とNBCを話した。

彼女自身の息子を指し示すことによって、彼女は「私達は、すべてに登ることが好きな人を持っている。彼がすべてに登るので、私達はそれに本当に注意する必要がある。」と追加した。

3人の父ジョセフワッツ(Joseph Watts)が、彼が、彼の子供に、他に影響しているそれらの行動の結果を思い出させたと言った。

「時々、それは、あなたに問題を起こしているではなく、他の誰か傷、それゆえあなたは、あなたが招待されたことをしないことである」と、彼は言った。

いくつかで、少年の両親が、出来事について犯罪的に責任があるように保たれることを提案しさえした。

犯罪のチャージを通して「ハランベのための公正」を捜しているオンラインの請願は、24時間未満で8,000を超えるサインをもたらした。

「悼む時に?あなたたちすべては、両親が彼ら自身の子供を含むはずがない子供を保護するために、彼を殺した!!」動物園のFacebookページで、1人の注釈者が言っている。

ステートメントにおいて、動物の倫理的扱いを求める人々の会は、悲劇のエピソードが、最新の証拠として、「拘束は決してゴリラまたは他の霊長類のために容認できない。」ことであると言った。

動物園は、1978年に展示が始まって以来、これがはじめてゴリラ世界であったと伝えて、違反を経験する。

動物園によると、展示品は米国農務省の協会により、動物園&水族館と規則的に検査されて、安全ガイドラインに付く。

少年は見たところフェンスをすり抜けて、ハランベの囲いで約15フィートの浅いプールにに落ちた。

人形のように生息地のある終わりから水を通して少年を別のものに引きずっている別の動物園訪問者にビデオが示された。
ハランベにより撃たれた。

CNNは、動物園スタッフとシンシナティ消防局が、現場で最初の応答者であると言ったと、動物園は言った。

CFDによる付帯的リポートによると、ゴリラは子供を激しく引きずり、投げた。動物園の緊急事態応答者は、「子供を救うために」ゴリラを殺すと決める気にさせた。

反応チームは、フルタイムの管理者、獣医、保安要員、動物園リーダーシップ、およびセキュリティスタッフを含む。

すべてのメンバーは訓練されて、毎年ハミルトン郡保安官のオフィスにより保証されている。

一番悪いのは、誰だ!

2016-05-22---サンチャゴ動物園で、囲いに入った裸の男の後で、2頭のライオンが死んだ!
2015-06-17---グルジアで、氾濫した動物園を脱出した虎が人を殺した!
2015-06-14---トビリシを鉄砲水が襲い、ライオン、虎、熊、カバ、ワニが歩き回る。
2015-06-07---致命的なライオン攻撃の前に、女性の最終的な瞬間を捕らえた。
2015-05-17---中国で、飼育係殺して脱走したらライオンを警察が射殺。
2015-03-31---カナダで2人の子どもを絞殺したニシキヘビのオーナー有罪!
2014-09-12---タイの女性は、ワニ園に飛び込んで自殺。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。