gaYa広告

5月29日

国連平和維持要員の国際デー

戦争と平和

国連平和維持要員の国際デー(International Day of United Nations Peacekeepers)は、PKO(Peacekeeping Operations/国連平和維持活動)にかかわった全ての人の献身と勇気を称え、PKOで命を失った人々を追悼する日として、2002年の国連総会で採択された国際デーの1つの名称。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

国連の下で、1948年に最初PKOの展開から勤務した100万人を超える男性と女性がサービスに参加し、その途中に3,400人を超える隊員が命を落としている。

"On this International Day of International Day of UN Peacekeepers, we honour our heroes – the more than one million men and women who have served under the UN flag with pride, distinction and courage since the first deployment in 1948. And we pay our highest tribute to the more than 3,400 peacekeepers who have lost their lives while in service during that period." — UN Secretary-General, Ban Ki-moon

2016-03-31---国連平和維持軍は、中央アフリカ共和国で約100人の女の子をレイプ!?

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告