5-25

タップダンスの日(National Tap Dance Day)

アート

「タップの神様」と呼ばれたビル・ボージャングル・ロビンソン(Bill "Bojangles" Robinson/1878 - 1949)の誕生日。

1989年02月07日にに米国議会に提出され、昔の公式遵守は、1989年5月25日にあり、2004年11月08日にブッシュ大統領(President George H.W. Bush)が署名したことで、法律により制定された。

「タップダンスの日」は、特に日本、オーストラリア、インドとアイスランドでも祝われている。

ビル・ボージャングル・ロビンソンは1878年05月25日に、バージニア州リッチモンドで、ルーサー・ロビンソン(Luther Robinson in Richmond, Virginia)として誕生した。

ビル・ボージャングル・ロビンソンは、1920年代にボードヴィルで、1930年代に映画で人気を博し¥、アメリカの最初期の黒人の俳優。ダンサーでもあり、アメリカ最高のタップ・ダンスの名人として白人の聴衆に知られていた。

ロビンソンの名声は アフリカ系アメリカ人レビューの低下に耐えていた。彼は14本のハリウッド映画、それらの多くに主演し、ミュージカル、子供スターのシャーリー・テンプル(Shirley Temple/1928 - 2015)と、「Rebecca of Sunnybrook Farm」「The Little Colonel and Stormy Weather」などで、リナ・ホーン(Lena Horne)とキャブ・キャロウェイ(Cab Calloway)を共演させた複数の作品が有名である。「ミスター・ボージャングル」というあだ名で全米に知られていた。

ビル・ボージャングル・ロビンソンは、劇場だけでなく野球に巻き込まれ、1936年にはハーレムで財政家ジェームズゼムラー(James Semler)と、ニューヨークブラックヤンキー(New York Black Yankees)チームを共同設立し、最初メジャーリーグが人種的に融合した時には、チームは1948年まで黒人ナショナルリーグの一部であった。

61歳の誕生日には、ブロードウェイ61のブロックで踊って、誕生日を公然と祝福した。
彼は1949年11月25日に71歳の時、ニューヨーク市で死去した。