2016年05月23日

インド版スペースシャトル、打ち上げ成功!

宇宙

AFPは、インドがは2016年05月23日に、インド初の小型版スペースシャトルの打ち上げに成功した。より簡単でより安価な宇宙旅行を可能にする再利用可能なロケットの開発競争にインドも挑むことになると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この有翼シャトルはロケットに搭載され、現地時間午前7時(日本時間同10時30分)ごろ、インド南東部スリハリコタ(Sriharikota)にある宇宙センターから打ち上げられた。

このシャトルは通常のスペースシャトルの約6分の1の大きさで、予定通り高度70kmに達した後、10分後にベンガル湾(Bay of Bengal)に着水した。

ISRO(Indian Space Research Organisation/インド宇宙研究機関)は低コストでの開発で知られ、今回の再使用型宇宙往還機「RLV-TD」は10億ルピー(約16億円)という極めて少ない予算で開発されたと伝えている。また今回の打ち上げ試験は将来、衛星を運ぶ本格的なシャトルを開発するための重要な一歩と位置付けられている。
NASAが2011年にスペースシャトル計画から撤退して以降、自前の再使用型ロケットを開発しようとする各国企業の熾烈な競争にインドも直面していると報告した。

アメリカ人に警告!インド人に勝とうと思うな!彼らには神が付いている!

スリハリコタ(Sriharikota)の緯度、経度
13°43'04.1"N 80°12'00.0"E
または、
13.7178, 80.2

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。