2016年05月23日

インド版スペースシャトル、打ち上げ成功!

宇宙

AFPは、インドがは2016年05月23日に、インド初の小型版スペースシャトルの打ち上げに成功した。より簡単でより安価な宇宙旅行を可能にする再利用可能なロケットの開発競争にインドも挑むことになると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この有翼シャトルはロケットに搭載され、現地時間午前7時(日本時間同10時30分)ごろ、インド南東部スリハリコタ(Sriharikota)にある宇宙センターから打ち上げられた。

このシャトルは通常のスペースシャトルの約6分の1の大きさで、予定通り高度70kmに達した後、10分後にベンガル湾(Bay of Bengal)に着水した。

ISRO(Indian Space Research Organisation/インド宇宙研究機関)は低コストでの開発で知られ、今回の再使用型宇宙往還機「RLV-TD」は10億ルピー(約16億円)という極めて少ない予算で開発されたと伝えている。また今回の打ち上げ試験は将来、衛星を運ぶ本格的なシャトルを開発するための重要な一歩と位置付けられている。
NASAが2011年にスペースシャトル計画から撤退して以降、自前の再使用型ロケットを開発しようとする各国企業の熾烈な競争にインドも直面していると報告した。

アメリカ人に警告!インド人に勝とうと思うな!彼らには神が付いている!

スリハリコタ(Sriharikota)の緯度、経度
13°43'04.1"N 80°12'00.0"E
または、
13.7178, 80.2

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。