2016年05月23日

インド版スペースシャトル、打ち上げ成功!

宇宙

AFPは、インドがは2016年05月23日に、インド初の小型版スペースシャトルの打ち上げに成功した。より簡単でより安価な宇宙旅行を可能にする再利用可能なロケットの開発競争にインドも挑むことになると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この有翼シャトルはロケットに搭載され、現地時間午前7時(日本時間同10時30分)ごろ、インド南東部スリハリコタ(Sriharikota)にある宇宙センターから打ち上げられた。

このシャトルは通常のスペースシャトルの約6分の1の大きさで、予定通り高度70kmに達した後、10分後にベンガル湾(Bay of Bengal)に着水した。

ISRO(Indian Space Research Organisation/インド宇宙研究機関)は低コストでの開発で知られ、今回の再使用型宇宙往還機「RLV-TD」は10億ルピー(約16億円)という極めて少ない予算で開発されたと伝えている。また今回の打ち上げ試験は将来、衛星を運ぶ本格的なシャトルを開発するための重要な一歩と位置付けられている。
NASAが2011年にスペースシャトル計画から撤退して以降、自前の再使用型ロケットを開発しようとする各国企業の熾烈な競争にインドも直面していると報告した。

アメリカ人に警告!インド人に勝とうと思うな!彼らには神が付いている!

スリハリコタ(Sriharikota)の緯度、経度
13°43'04.1"N 80°12'00.0"E
または、
13.7178, 80.2

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。