on-the-time.jp

2016年05月17日

米国は浮気を非難するけれども、多くのヨーロッパ人は非難しない。

性とメディア

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、いくつかにおいて、アメリカ人とヨーロッパ人はより違いを見る。例えば、ドイツ人は、歓迎は控えめに言っても次の月に混むヌーディストビーチのために知っている。米国で、裸は少しである。ほとんど、すべてのヨーロッパ人は、結婚前にセックスをすることはOKでもある。
けれども、すべての3番目のアメリカ人はそれが受け入れ不可能であると思う。

それから、大きいものが浮気にある。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

調査されたアメリカ人の84%が浮気が受け入れ不可能であると信じる間、すべてのフランス人のほんの47%とすべてのドイツ人の60%がそう考える。2013年からのピュー研究調査( Pew Research survey from 2013)は、また米国より浮気の受容が高かった他のヨーロッパの国家は、イタリア、スペイン、およびチェコ共和国も含んだ。

違いはなぜそんなに重要であるか?

ルーイビル大学の法律の准教授ジョアンヌ・スウィーニー(JoAnne Sweeny, an associate professor of law at the University of Louisville)は、「私は、それが米国の清教徒的な歴史に達すると思う。」「早い植民地法律は、浮気が十戒の違反であり、それが死によって処罰に値したことに特に注意した。」と、言った。

そのような法律の反響はまた、ヨーロッパに反映されると、ジョアンヌ・スウィーニーは言った。「イギリスでは、浮気はまた、1600年代中期まで上の死によって処罰に値し、後で宗教の犯罪と考えられて、教会により扱われた。」と、彼女は言った。

浮気で死刑は、厳しすぎる!

絶対浮気しないで、と言われて、私は別れた女性がいる。

ギリシャ人の79%とイギリス人の76%は、浮気で世論についてのアメリカ人と最も同様であるが、それぞれ合致している関係をもつことは道徳的に受け入れ不可能である。

ジョアンヌ・スウィーニーは、利益団体の法律へのインパクトが、ヨーロッパだけでなくフランスまたはドイツおよび米国の違いを説明できると思うと言った。

「米国には、誰ももう本当に遂行されないけれども、もしそれらがであったなら、まだ、浮気を有罪とする州があり、法律が法廷により、憲法違反に取り消されることはありそうである。」と、彼女は言った。「しかし、どのような時にでも、誰かがこれらの法律のうちの1つを法令全書から取り去ろうとし、それらは宗教および保守的なグループのために、反対される。」

福音のムーブメントは特に、18世紀のイギリス、18番目と19世紀の米国でアクティブで、彼らは、米国への続く効果を残したと、彼女は言った。「私は、多くのアメリカ人により支持された宗教性のその後の文化が、これらの法律残留をもたらしたと思う。」

その説明はまた、別の結論をもたらすかもしれない。大陸のヨーロッパは少ない宗教の上っぱりになり、仕事は、道徳的にいっそうもっと受け入れられるかもしれない。そして、それは、ヨーロッパ人とアメリカ人がいっそうさらに隔たることに問題を動かすことができたのを意味しているかもしれない。

ギャラップ国際(Gallup International)による65の国の調査とWIネットワーク(WI Network of Market Research)により実施された昨年の市場調査de、世界の極少に細心の国の多くは、ヨーロッパにある。
調査は、すべてのドイツ人の59%と、フランス人の53%が無神論者であると気付いた。

アメリカ人は、あるポイントで、より多くの同様な大陸ヨーロッパ人になるかもしれないか?
ますます多くのより若いアメリカ人は、少しの宗教ももう自分を同一視しない。しかし、仕事の公的な受容は決してヨーロッパのレベルに達することができない。

2014年01月に、フランスの雑誌は、彼が彼のパートナーのバレリー・トリワイラー(Valerie Trierweiler)と関係にいる間フランス大統領フランソワオランド(French President Francois Hollande)が女優と関係をもったと明らかにした。オランドとバレリー・トリワイラーは、新事実に続いていることで離れた。

オランドの人気は直ちに増大した。

世界で-最も多くの『確信した無神論者』が住む世界の6つの国は、

1.中国(China)
2.日本(Japan)
4.フランス(France)
5.オーストラリア(Australia)
6.アイスランド(Iceland)
であった。

そういえば、私の知人で、浮気が大好きな女性が何人かいた。

アメリカにいた女性とは、まったくタイミングが合わず!全滅であった。
それと、潔癖性の人もダメだった。

それに、男と女の駆け引きといういう人もダメだった!

貞女は気味が悪い。

2016-03-23---最も多くの『確信した無神論者』が住む世界の6つの国。
2015-02-23---世界で最も浮気する国トップ10
2014-09-04---元「ファーストレディー」、仏大統領暴露回顧録を出版。
2012-06-12---フランスの大統領と、そのパートナーは、敵を支持するためにTwitterを活用。
2014-01-02---フランスのオランド大統領は、歴代で最悪の人気を「握手」で証明。
2014-01-10---フランスのオランド大統領が「女優と不倫」!?で大騒ぎ。
2014-01-14---女優とのスキャンダルの中、オランド大統領は、経済の新しい計画を概説。
2014-01-15---女優はオーランド大統領に関連し、「文化陪審員をブロック」
2014-01-17---セックスとフランス人。
2014-01-22---「フランス大統領不倫」を広告に生かす企業続出。
2014-01-25---オランド大統領、パートナーとの別離報告を拒絶。
2014-01-25---フランスのオランド大統領は、トゥリーワイラーとの別離を確認。
2014-09-02---フランスの女優は、オランド大統領との情事報道でプライバシー裁判に勝った。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。