gaYa広告

5月19日

ボクシングの日

スポーツ

1952年05月19日に、挑戦者白井義男が、日本の後楽園球場で、アメリカ合衆国出身のプロボクサーで、第16代世界フライ級チャンピオンのダド・マリノ(Salvador "Dado" Marino/1915 - 1989)に判定勝ちし、日本初のボクシングのチャンピオンになったことから、05月19日をボクシングの日と、日本プロボクシング協会が制定した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

戦後、都内のジムで練習中に、GHQ職員で生物学者だったアルビン・R・カーン博士(Dr. Alvin Rober Cahn/1892 - 1971の目に留まり、白井義男のコーチ兼マネージャーとして、栄養面も含めたカーン博士の科学的な指導のもと、オーソドックスなスタイルの技術を身につけた白井は、日本フライ級、バンタム級の二階級を制覇した。

1951年05月21日、世界フライ級チャンピオンとして初来日し、白井義男とノンタイトル10回戦を行い、ダド・マリノが判定勝ちし、1951年12月04日に、地元ハワイ・ホノルルでの白井義男との10回戦では、ダド・マリノが7回TKO負けしている。

1952年05月19日に、挑戦者白井義男が、日本初のボクシングのチャンピオンになった後、1952年11月15日に、白井義男の初防衛戦の相手として、ダド・マリノがリングに上がったが、この時も15回判定で敗れている。

ダド・マリノのマネージャーは有名なハワイのボスである「サッド・サム・イチノセ(Sad Sam Ichinose/1907 - 1993)で、当時の日本は米国の占領下であり、日本には外国とのコネクションもなく、外貨もない状態で、白井義男との試合はありえなかった。

国際興行はフジテレビと組んだ阿部重作の舎弟で新宿のボス、長く日本における世界ボクシング戦の利権を掌握していたとされる塚原崇司仕切ったと言われている。

このハワイのボスと新宿のボスは、日本ボクシング界の大恩人である。

湯川秀樹博士のノーベル賞受賞、古橋広之進選手の水泳自由形世界新記録と並んで、敗戦でショックを受けた日本人の心に希望の灯をともした。

最後はやっぱり、殴り合いで決めるのは、日本式とも言える!

1952-05-19---白井義男が、本初のボクシングのチャンピオンになった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。