gaYa広告

2016年05月17日

トルコ大統領を風刺した詩、ドイツの裁判所は公の場で朗読禁止と判所。

人物

AFPは2016年05月18日に、ドイツ北部ハンブルク(Hamburg)の裁判所は、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領を自作の詩で風刺したドイツ人コメディアンに対して、この詩を公の場で朗読することを禁止する裁定を下したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年04月15日に、ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、トルコの大統領レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan/President Recep Tayyip Erdoğan)についての不快な詩をドイツのテレビで読み上げたコメディアンの起訴を下すために、トルコから要求を受け入れたと報告した。

詩はヤン・ベーメルマン(Jan Boehmermann)がつくったもので、エルドアン大統領は残虐で小児性愛を趣味としているという内容である。言論の自由をめぐりドイツ国内で波紋を呼び、ヤン・ベーメルマンに対する刑事手続きにゴーサインを出したアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相が批判を浴びていた。

裁判所は24行の詩のうち朗読してもよいのは6行だけとの判断を示した。ベーメルマン氏を非難していたエルドアン大統領側が一部法的な勝利を収めた格好だ。

ベーメルマン氏が詩を発表したのは、今回問題となった風刺詩よりはるかに婉曲的な表現でエルドアン大統領を揶揄(やゆ)する歌をドイツのテレビ局が放送したところ、トルコ政府が駐トルコ独大使を呼び出して抗議したことがきっかけだった。

ベーメルマン氏が訴追された場合に適用されるのは、外国政府の機関や元首などを侮辱した場合に最高5年の禁錮刑を科すドイツ刑法第103条。これまでに適用された例はほとんどない。

ドイツ、トルコ両政府が移民危機に対して歩み寄りを模索する中で起きたこの出来事によって、両国関係は水を差される形となっていた。

2016-05-07---ドイツ人の大多数は、イスラム教徒との『接触を制限』
2016-04-24---EUリーダーは避難民のその取り扱いについてトルコを賞賛!
2016-04-15---メルケルは、ドイツのコメディアンジャンの起訴で、トルコの要求を了承。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト