on-the-time.jp

2016年05月17日

カルダシアンは、『死ぬまで、裸の自撮りをする』と発表。

ファッション

ニューヨークポスト(New York Post)のPage Sixは、インターネットはリリーフのため息を発することができるので、キム・カルダシアン(Kim Kardashian)は裸であり続ける。

彼女のブレイクを受け入れる月曜日の2016のウェブ賞の夜のインターネット賞(Internet Award at Monday night’s 2016 Webby Awards)で、35歳の本当の女王は、「私が死ぬまで、裸の自撮りを提供する。」と約束した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

彼女は就任の賞を「オンライン」で与えられて「彼女の前例がない成功を評価して、本当にグローバルな聴衆と接続するために彼女が、インターネット、ソーシャル・メディア、アプリ、およびビデオを使用した大胆で創造的な方法」は、いくつかのE! Newsのプレス・リリースを読んだ!

ウェブ賞の勝者は、それらの受容スピーチので5つの言葉を言うことを許されるだけである。それゆえ、彼女の裸の写真をバタンと閉める人々の群れで、彼女の、強力な目的で、ステートメントを取っている。

パリ・ファッション・ウィーク2015(aris Fashion Week 2015)で、カニエ・ウェストが(Kanye West)に、裸のあと戻りを彼女のブロンドの日に送った時に、彼女は、はっきり話すために、ベット・ミドラー(Bette Midler)とクローエ・グレース・モレッツ(Chloë Grace Moretz)に促した。

それらの意見は、カルダシアンに、「ボディ侮辱およびだらしのない女侮辱。」に反対している彼女自身のポストを書くことを強制した。

もう、好きなように、ファッション革命をやってくれ、どんなブランドでも、ファッションウィークでも古臭く感じる!

どんなファッションも勝てない!なぜならカルダシアンは裸!
裸に勝てるファッションはない!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。