2016年05月17日

ジャワ島で、密造酒飲み12人死亡。

犯罪と裁判

AFPは、インドネシアの警察当局は2016年05月17日に、インドネシアのジャワ(Java)島でここ数日の間、密造酒を飲んだ男性12人が死亡したと発表した。現在も4人が病院で治療中だと伝えている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

2016年05月17日までにジャワ島中部のバントゥル(Bantul)地区で自家製の密造酒を販売した疑いで男が逮捕され、酒81瓶が押収された。
過失致死で有罪となった場合、禁錮15〜20年が科される可能性がある。警察は現在、酒に含まれていた成分について調べている。

飲酒が禁じられているイスラム教徒が大半を占めるインドネシアでは近年、密造酒を飲んで死亡した事例が相次いでいる。2016年02月下旬には、バントゥル地区の隣のスレマン(Sleman)地区で、やはり自家製醸造酒を飲み26人が死亡している。

以前は、スリランカや南インドでも頻繁の密造酒を飲んで死亡した事例が報告されたが、それらはヤシ酒で、私もスリランカで飲んだことある。
新鮮なうちはアルコール入りカルピスのようで、ドイツで醗酵中のアルコール分ができ始め頃のものにも似ているが、ヤシの木陰で売っている自家製醸造酒を毎日通っていると、どんどん醗酵が進み、腐り始め、アルコール度は高くなる分、危険度も高くなる。

そして、100数十人が死亡することもあった。

the Jakarta PostはYogyakartaで、さらに13人が死んだと報告している。
news24は、26人が死んだと言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。