on-the-time.jp

2016年05月17日

ジャワ島で、密造酒飲み12人死亡。

犯罪と裁判

AFPは、インドネシアの警察当局は2016年05月17日に、インドネシアのジャワ(Java)島でここ数日の間、密造酒を飲んだ男性12人が死亡したと発表した。現在も4人が病院で治療中だと伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2016年05月17日までにジャワ島中部のバントゥル(Bantul)地区で自家製の密造酒を販売した疑いで男が逮捕され、酒81瓶が押収された。
過失致死で有罪となった場合、禁錮15〜20年が科される可能性がある。警察は現在、酒に含まれていた成分について調べている。

飲酒が禁じられているイスラム教徒が大半を占めるインドネシアでは近年、密造酒を飲んで死亡した事例が相次いでいる。2016年02月下旬には、バントゥル地区の隣のスレマン(Sleman)地区で、やはり自家製醸造酒を飲み26人が死亡している。

以前は、スリランカや南インドでも頻繁の密造酒を飲んで死亡した事例が報告されたが、それらはヤシ酒で、私もスリランカで飲んだことある。
新鮮なうちはアルコール入りカルピスのようで、ドイツで醗酵中のアルコール分ができ始め頃のものにも似ているが、ヤシの木陰で売っている自家製醸造酒を毎日通っていると、どんどん醗酵が進み、腐り始め、アルコール度は高くなる分、危険度も高くなる。

そして、100数十人が死亡することもあった。

the Jakarta PostはYogyakartaで、さらに13人が死んだと報告している。
news24は、26人が死んだと言っている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。