2016年05月17日

悪夢「文化大革命」から50年を振り返る中国の富豪実業家。

犯罪と裁判

AFPは、中国人実業家の黄怒波(Huang Nubo)の父親は反革命分子のレッテルを貼られ、獄中で自殺した。
だが文化大革命(Cultural Revolution)の時代、黄怒波は自ら紅衛兵となり、他の人たちを侮辱し、たたきのめした。それが彼と彼の世代が生きた時代だったが、再び同じことが繰り返されることを恐れていると、黄怒波は語る。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

中国の富豪であり、登山が趣味でエベレスト(Everest)に3度登頂したことがある黄怒波は、国外ではアイスランドの土地を購入しようとして物議を醸したことで知られる。

一方で黄怒波は、駱英(Luo Ying)のペンネームで、50年前の5月16日に毛沢東(Mao Zedong)の主導で始まった文化大革命期の社会の混乱について詩集を2冊出している。

黄怒波の父親は国共内戦で共産党軍の将校として戦ったが、毛沢東による初期の粛清の犠牲となり投獄されて暴行され、黄怒波がまだ3歳だった頃、獄中でためた薬を一度に過剰摂取して自殺したと言っている。

中国北部の寧夏回族自治区(Ningxia Hui Autonomous Region)の村で汚名を着せられながらも、黄怒波は文革の時代に熱狂的な紅衛兵になった。黄怒波が当時、地主を「鋼の拳」で殴ったことを書いた一編の詩がある。
その地主はのちに亡くなったという。

黄怒波はその後、毛沢東によって地方の農村に送られ、エリート主義的な態度を正すよう命じられた約2000万人の若者の一人となった。

隣人同士、同僚同士が「批判闘争大会」で批判し合い、子どもは両親を批判した。批判されたか思えば、他の人と手を組んで別の誰かを批判するということが複雑に絡み合った時代だった。
黄怒波は「私は被害者であり、参加者であり、加害者であった。私は他の人を糾弾し、私も糾弾された。」とAFPに語った。

中国本土での出版が禁じられた黄怒波の2冊目の詩集の最後の文には、
「文革の時代を生きた人々にとって、誰が人間で誰が鬼かという区別はどうでもよかった。」と、書かれている。

黄怒波は自身が支援する詩の研究センターがある北京大学(Peking University)で「私も含めて、私たちはみんな悪魔だった。」と語った。

先日、余華著、泉京鹿訳の「兄弟」を読んだが、父親が殺され、見分けがつかない泥に汚れた肉の塊で見つかったときのことが出てくる。

しかし、今でも毛沢東を尊敬している。

2016-05-11---「516通知」から50年。中国版AKBの文革賛歌で、大騒動!
2016-01-06---巨大な黄金色の毛沢東像。
2015-04-09---中国の有名TV司会者、毛沢東中傷で、出演番組の放送中止!
2014-12-05---独裁者と食事。独裁者は、何を食べることが好きか?
2014-04-04---世界で、どの独裁者がもっとも人を殺したか?
2013-12-26---中国を変革した11のスローガン。
2013-11-25---毛沢東が、今も生き続けている村「南街村(Nanjiecun)」
2013-03-08---国家元首が永久に展示され、保存されている場合。
2012-10-13---中国の文化大革命写真の時の珍しい写真。
2012-07-11---文化大革命前の中国!
2011-06-30---毛沢東、お気に入りのアメリカ人。
2010-10-01---中国建国61周年の国慶節。
2007-10-01---親毛沢東主義者の労働者組合の出版を中止した。
1991-05-14---毛沢東の4人目の妻であった紅青が自殺した。
1981-01-25---中国最高人民法院特別法廷で、文化革命左派の4人組に判決が下された。
1980-12-22---「人民日報」が毛沢東批判記事を掲載した。
1980-11-20---文革「四人組」「反革命集団」を被告とする裁判が始まった。
1977-09-09---毛主席記念堂の落成式典が行われた。
1977-07-22---文革「四人組」の党籍を永久に剥奪すると決定をした。
1976-10-06---文革「四人組」が逮捕された。
1976-09-09---毛沢東主席が死去した。
1974-04-10---文革「四人組」が起こした批林批孔運動の抑制を強化した。
1974-02-22---中国の毛沢東主席が、「3つの世界論」を提唱した。
1971-09-13---林彪を乗せた飛行機が墜落し、搭乗者全員が死亡した。
1971-09-08---林彪が毛沢東暗殺軍事クーデターを失敗した。
1970-05-20---毛沢東が、米国を非難する声明を発表した。
1969-11-12---劉少奇が獄死した。
1969-10-11---呉晗が迫害を受けた末、自殺した。
1969-06-09---賀竜が死去した。
1968-12-10---中国国歌の作詞者である田漢が獄死した。
1968-07-28---毛沢東は、学生派閥の造反派指導者を説得した。
1967-08-22---紅衛兵が北京のイギリス大使館を焼き討ちした。
1966-08-18---毛沢東が、紅衛兵への支持を表明した。
1966-08-05---毛沢東が、「司令部を砲撃せよ」と題した大字報を発表した。
1966-05-28---毛沢東が、「文化革命小組」の成立を宣言した。
1966-05-16---中国共産党中央委員会が「五・一六通知」を発行した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告