5月17日

国際反ホモフォビアの日

性とメディア

フランスの大学教授であり同性愛者活動家であるルイジョルーズサン(Louis-Georges Tin)が2005年に提案し、IDAHO(International Day Against Homophobia and transphobia/国際反ホモフォビアの日)は、毎年05月17日に開かれる行事になった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この日は、WHO(世界保健機関)が1990年05月17日に、同性愛を国際疾病分類から除外したことを記念して定められた。

初年度は、IDAHOを記念して、50ヵ国からキャンペーン、討論会、街頭デモ、展示、映画祭、集会などに、参加した。

2006年には、欧州議会(Parlamentum Europeaum)が、ホモフォビア(Homophobia/同性愛に対する嫌悪)を非難する決議文を通してIDAHOを承認した。

また、2004年05月17日に、アメリカ合衆国マサチューセッツ州が、さらに2010年05月17日に、はポルトガルが同性結婚を合法化した日でもある。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告