gaYa広告

5月17日

国際反ホモフォビアの日

性とメディア

フランスの大学教授であり同性愛者活動家であるルイジョルーズサン(Louis-Georges Tin)が2005年に提案し、IDAHO(International Day Against Homophobia and transphobia/国際反ホモフォビアの日)は、毎年05月17日に開かれる行事になった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この日は、WHO(世界保健機関)が1990年05月17日に、同性愛を国際疾病分類から除外したことを記念して定められた。

初年度は、IDAHOを記念して、50ヵ国からキャンペーン、討論会、街頭デモ、展示、映画祭、集会などに、参加した。

2006年には、欧州議会(Parlamentum Europeaum)が、ホモフォビア(Homophobia/同性愛に対する嫌悪)を非難する決議文を通してIDAHOを承認した。

また、2004年05月17日に、アメリカ合衆国マサチューセッツ州が、さらに2010年05月17日に、はポルトガルが同性結婚を合法化した日でもある。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト