gaYa広告

5月17日

世界高血圧デー(World Hypertension Day)

健康

国際高血圧学会(International Society of Hypertension)の一部門で、現在81のメンバーと11のサポート・メンバーで構成されて、高血圧の危険性と高血圧がもたらす深刻な病気や合併症についての知識を一般市民に伝えるよう世界各国の団体に推奨し、予防と発見、治療に関する情報を提供してきた1984年に設立されたWHL(World Hypertension League/世界高血圧リーグ)により、高血圧およびその管理に関する啓発を目的として、2005年に創設された。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本高血圧学会と日本高血圧協会でも、第30回日本高血圧学会総会で、毎年05月17日を「高血圧の日」と制定することを宣言し、日本記念日協会により認定登録されたと報告した。

それを機に、2007年5月17日の「世界高血圧デー」を中心に実施してきた高血圧の啓発活動を、2008年からは日本でも正式に「高血圧の日」にあわせて引き続き行っている。

高血圧治療ガイドラインで定められている血圧目標値および至適血圧値。
75歳以上の患者は、まずは150/90mmHg未満、可能であれば140/90mmHg未満を目標に。
75歳未満の患者は、140/90mmHg未満。
蛋白尿を伴った慢性腎臓病・糖尿病を合併している患者は、130/80mmHg未満。
至適血圧値 120/80mmHg未満。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。