2016-05-15

女性は、サメに噛まれたまま病院に搬送された。

自然

AFPとイギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年05月16日に、米国南東部のフロリダ(Florida)州で、サメに腕を噛まれた女性が、サメごと病院へ緊急搬送されたと報告した。

消防関係者が現地紙に語ったところによると、フロリダ州ボカラトン(Boca Raton, Florida)の浜辺で、海水浴をしていた23歳の女性の右腕に体長61cm程度の小型のコモリザメ(nurse shark/ナースシャーク)が噛みついた。

サメはその場で海水浴客に殺されたが、現場に到着した時、救急救命士は、死んだ後にさえ小さいサメを離すことができなかったため、そのあごがまだ女性のアームのまわりに固定されているとその重量をサポートするために、サメの死がいを板で支えながら、女性は担架に載せられて車で病院へ緊急搬送されたと言っている。

ボカラトン消防救助サービス(Boca Raton Fire Rescue Services)が、彼女が病院に輸送された時に、女性が、安定したと言っている。

国立公園庁のスポークスマン(spokesperson for the National Park Service)は地方紙サン・センチネル(Sun-Sentinel)に対し「こんな出来事は見たことがないし、聞いたこともない」と語った。
フロリダ州の大西洋岸でよくみられるコモリザメは、最大で体長3m程度まで成長するが通常は攻撃性が低く、ロブスターやイカ、ウニなどを餌とし人間を食べることはないと言っている。

ナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)によると、それらは、もし攻撃されるなら、防御用に噛みつくこともあるが、「それらが素直であると仮定するダイバーにより煩わされる」と知られていたけれども、ナースシャークはたいてい人を攻撃しない。それらは最高14フィートまで成長し、小さいけれどもかみそりのように鋭い鋸歯状歯によって強い口部を満たさせると言っている。

小さいからと言って、舐めたらいかん!

フロリダ州ボカラトン(Boca Raton, Florida)の緯度、経度
26°22'07.0"N 80°06'00.0"W
または、
26.368611, -80.1

2015-12-25---『今日、私はサメと対面し、噛まれました』

Related Dates