5月17日

世界電気通信および情報社会の日(World Telecommunication and Information Society Day)

研究調査教育

ITU(International Telecommunication Union/国際電気通信連合/Union internationale des télécommunications)は、1865年のこの日にITUの前身である万国電信連合(International Telegraph Conference)が発足したことを記念し、1973年に、「世界電気通信の日(World Telecommunication Day)」として制定した。
2005年11月の国連総会の会期中に開かれた世界情報通信サミットにおいて世界電気通信の日と同じ5月17日を「世界情報社会の日(World Information Society Day)」とすることが決議され、国連総会で採択された
翌2006年のITU全権大使会議において、2つの国際デーをあわせて「世界電気通信および情報社会の日(World Telecommunication and Information Society Day)」とすることが決議された。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

フランスとベルギーの間に結ばれた相互接続条約が1851年に締結され、1855年06月に、フランス・ベルギー・サルディニア・スペイン・スイスがパリで、西部欧州電信連合(Western European Telegraph Union)を発足させ。
1857年にポルトガルとオランダが西部欧州電信連合に参加し、1858年9月のベルン会議で、DÖTV(Deutsch-Österreichischer Telegraphenverein/ドイツ=オーストリア電信連合)を招いたが、加盟参加を辞退している。1860年にはバチカン市国とシシリーが加盟した。
西部欧州電信連合とドイツ=オーストリア電信連合間では国際電信のルールを整備するため、1858年6月に、ベルギー・フランス・プロイセンがブリュッセルで条約を締結した。

これにはオーストリア、ヴュルテンブルク、バーデンなどを含む11カ国が後に参加している。
2つの連合は1865年3月01日にパリで正式に合併し、1865年05月17日に、フランスのパリで万国電信連合として設立され、ドイツ=オーストリア電信連合は1871年に活動を停止した。

この時に万国電信連合へ加盟していた20カ国は、オーストリア、バーデン、バイエルン、ベルギー、デンマーク、フランス、ギリシア、ハンブルク、ハノーバー、イタリア、オランダ、ポルトガル、プロイセン、ロシア、サキソニー、スペイン、スウェーデン=ノルウェー連合、スイス、トルコ、ヴァーテンバーグであった。
このとき、イギリスは電信事業が民営であるという理由で招かれなかった。

このとき、連合を統括していたのは、フランスで、決済もフランスフランで行われていた。

1865-05-17---ITUの前身である万国電信連合が発足した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。