2016-05-15

フィリピン次期大統領は、死刑制度復活の意向表明。

犯罪と裁判

AFPは2016年05月16日に、先週フィリピンで行われた大統領選で勝利した71歳のロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)は、犯罪撲滅策の一環として、死刑制度の復活を目指す意向を明らかにしたと報告した。
また、警察に容疑者の射殺を許可する方針を示した。

2016年05月09日の大統領選での大勝後、初めて行った記者会見でロドリゴ・ドゥテルテは「議会に絞首刑の復活を求める予定。」と表明した。犯罪組織のメンバーや、当局による身柄拘束の試みに対し、暴力をもって抵抗した者に対しては、治安当局に射殺命令を出すと述べた。

フィリピンでは2006年に、当時のグロリア・アロヨ(Gloria Arroyo)政権により死刑が廃止された。だがロドリゴ・ドゥテルテは、死刑を今後、麻薬犯罪や強姦(ごうかん)、殺人や強盗などの広範な犯罪に適用したいと述べている。

執行方法については、銃殺刑は弾丸の無駄遣いになるとして、絞首刑が望ましいと言明した。また、首つり縄で脊椎を損傷させ死に至らしめる絞首刑の方が、より人道的だと主張した。

ロドリゴ・ドゥテルテはさらに、公共の場での午前2時以降の飲酒や、子どもが大人の同伴なしに深夜に外出することを禁止する措置を導入すると宣言した。
子どもが街頭で保護された場合、親が逮捕・収監されることもあるとしている。

フィリピンの犯罪多発は聞いていたが、かなり厳しいようである。

フィリピンでは殺人依頼も安く、飛行機代を出せば、日本でも安く殺すと言っていると聞いたことがある。