on-the-time.jp

2016-05-16

中国人は、地方の温泉宿を“爆"買収!

経済観光

日本経済新聞 電子版は、2015年度の訪日外国人(インバウンド)数が2000万人を超え、観光地は盛り上がりをみせているが、温泉地にある旅館やホテルの経営者が次々と外国人に入れ替わっていると報告した。

政府や自治体が「観光立国」に熱を上げる一方、経営難や後継者不足にあえぐ旅館やホテルの衰退は確実に進んでいた。経営を断念した売却物件を買っていくのは外国人ばかりで、その多くは中国人であった。

[AD] You can advertise on this site.

そういえば、香港が中国に返還される少し前、香港人がアフリカなどでホテルを“爆"買収していた。
その背景には、香港の自由市場が、中国への変換で、没収され、自由がなくなるという心配からであった。

その後、中国に資産家が急増し始めると、中国人がヨーロッパや韓国で土地を買い。永住権獲得に走り始めた。

つまり、中国人資産家は、中国の富裕層は資産を国内だけでなく、海外にも分散して保有している。中国政府を信用していない。

また、中国国内の不動産市場が冷え込んできており、資産を海外に移す動きが加速している。日本もその有力な候補となっている。
さらに、日本の地方の地価はずっと下がり続けており、今が買い時と判断している。

ただし、2015年12月に、「雲海テラス」で知られる星野リゾート・トマム(北海道占冠村)の全株式を中国企業が180億円で取得して話題になったが、通常は表に出ることは少ないという。

宿泊客が知らない間にオーナーが入れ替わっているケースがほとんどで、経営者が交代しても従業員はそのまま雇用されることが多いと伝えている。

不動産シンクタンクの都市未来総合研究所によると、公表された案件をまとめただけでも外国企業による旅館・ホテルの売買件数は2015年に46件と前年比2.7倍になった。

主任研究員の下向井邦博は増加の背景について「訪日外国人が増え、大都市では旅館やホテルの稼働率が上がっている。客室単価も上昇し、投資先として魅力が高いと感じている。」とみる言ったと、日本経済新聞 電子版は報告している。

とくに、2020年の東京五輪・パラリンピック開催が決まってから、一気に増え始めたと言っている。

買収された旅館やホテルの多くは、中国人専門の宿泊施設へと変わる。それは地元にとっても決して悪いことばかりではないとも言っている。

例えば、東京から電車で1時間半ほどの「奥座敷」といわれる石和温泉では、全盛期には年間300万人いた日本人の宿泊者は半分弱にまで落ち込んでいる。

最近、目立つようになったのが外国人で、中でも6割を占める中国人は2〜3割増で伸びていると話している。

石和温泉で営業している旅館・ホテルは49。このうち6施設を中国人経営者が所有する。

2016年01月に来日した中国の北京に住む不動産会社の男性経営者は、箱根や鬼怒川温泉、石和温泉に宿泊し、いたく気に入った様子だった。「いい物件があれば買いたい」と話したという。
目的は旅館やホテルへの投資の見返りというより、「ステータス」にあるとみている。富裕層の多くは日本の食べ物や温泉が好きでしばしば観光に訪れている。ブランド価値の高い有名旅館を自分の所有にできることが、彼らのプライドをくすぐるようだと言っている。

中国人が動くと、世界が変わると言われている。
しかし、犯罪者ではなく、中国の富裕層が日本で住むのに、何も不安もない。

2016-04-24---三菱地所は、タイの分譲マンションを日本向けにも販売。
2013-09-22---永久居民権を求めて、中国の“おばちゃんパワー"が韓国で爆発!
2013-09-11---日本企業のインドネシア投資、さらにサービス業でも拡大。
2013-09-06---香港の大富豪李嘉誠が、中国の資産を投げ売り!
2013-07-12---中韓は日本に厳しく、東南アジアは日本に好意的!
2013-07-01---中国、18省・市で最低賃金基準を上方修正。
2013-06-17---韓国アパレル、コア握れず世界シェア縮小。
2013-06-17---中国人力資源のピークは、2020年に8億3000万人。
2013-06-17---円安と、広東省深圳に生産拠点置く日系企業。
2013-06-08---低額スタッフを維持するための、北京ピザ・ビジネスの戦い。
2013-05-30---中国の「世界の工場」の地位は代替できない。
2013-05-27---中米製造業で、明暗“くっきり"
2013-05-20---中国の平均賃金上昇率、製造業は更なる賃上げ困難。
2013-05-14---日本企業が今後力を入れたい地域、中国を抜いて、初めてアセアンがトップ!
2013-05-01---中国広東省、5月1日から最低賃金基準19.1%引き上げ !
2013-03-11---中国で2月に、強烈なインフレ!
2013-03-07---中国政府系ファンド、「日本が通貨戦争引き起こし周囲に災い」と警告。
2013-03-07---中国の全国人民代表大会には83人の億万長者がいる。
2013-03-01---中国各地で最低賃金基準引き上げが、さらに進む!
2013-02-06---中国は、高級品の贈り物広告を禁止!
2013-02-05---中国は、所得格差に及ぼす働きを約束。
2013-01-29---企業の17%が年末賞与引き上げ、外資系は引き下げ!
2013-01-01---どこまで続く、中国の最低賃金を引き上げ!
2013-01-05---スペインの王フアン・カルロスは経済運命での「傷」を認めた。
2012-12-11---アップルも脱中国を開始!
2012-12-06---韓国小売大手、続々と中国事業縮小して、逃げ出した。
2012-12-04---日系企業の「チャイナ・プラスワン」戦略?
2012-11-28---中国、10年以内に世界の工場としての地位を失う!
2012-11-21---中国で古代商売技法を忘れ、日本車販売の低迷続く。
2012-11-16---中国の日系車ディーラーの販売員流出、独系車ディラーが受け入れ。
2012-11-09---日本の自動車メーカー、中国から逃げた!
2012-10-24---ノキアで始まった「脱中国」時代!?
2012-10-08---世界銀行は、中国の成長予測を低下!
2012-09-26---トヨタと日産は、中国での生産を縮小!
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---香港の法定最低賃金1時間HK$28からHK$30に引き上げ。
2012-09-25---ノキア、中国に続いて、韓国でも人員削減加速。
2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。
2012-09-17---中国の反日本抗議で、日本のいくつかの会社はオペレーションを停止。
2012-09-05---NECが、Lenovoの株を売却し、Lenovoの株下落。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!
2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?
2012-08-22---裕福な中国人が、海外で永住権を求めている。
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。
2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-25---香港の大富豪李嘉誠の長男、イギリスの天然ガス会社を買収。
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!
2012-05-08---中国企業の42%、ドラゴン・マネーで「欧州でM&A模索」
2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!
2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!
2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!
2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!
2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。
2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!
2011-12-13---10月のフィリピン輸出品は、14.6%の下落。
2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!
2011-10-17---香港は、中国の元で金取引ができる最初のセンターになった。
2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?
2011-07-11---中国の深圳市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。
2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!
2011-05-25---日本大手企業の生産拠点が、中国に移動!日本は中国の営業マンとして活躍するチャンス!
2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-09-20---どうなる中国の共産資本主義。
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.