on-the-time.jp

2016年05月11日

食卓の携帯電話、調査。

Cellular-News.comは、食卓の携帯電話についてU-M研究(U-M Study)「Phones at the dinner table: U-M study explores attitudes」によって、その態度が探求されたと報告した。

食卓で、仕事についてEメールをチェックする。
写真をFacebookに送る。
階下に来るように、子供をTextingする。
迅速なスナップを友人に送る。
すべての年の人々は、共有された食事の間に、それらのスマートフォンをこれらの方法で使うことができる。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

U-M(University of Michigan/ミシガン大学)からの新しい研究は、食事の間にどのように人々が携帯電話を使い、どのように、彼らが、それをしてい、他の人々についてどう感じるかを調査した。

研究者は、世界中の英語圏の国の8歳から88歳の間の1,163人の人々を調査した。

調査は、食事時間にあなたが携帯電話を使っているかどうかについて、人々の態度が食事中にあなたがしていることに重く依存することを明らかにした。

すべての電話使用は気づかれているわけではないことが、同じ、研究者によって見つけた。

例えば電話のtextingと応答の両方は、ソーシャル・メディアを使うより適切であると考えられる。

ずっと長い間使用しているソーシャル・メディアが取るかもしれないのに対して、研究者は、これがそうであるかもしれないと思う。

なぜなら、textingと電話で話しは、両方の短い活動だからである。

これはそれらの研究のおとなに少なくともあてはまっていた。

しかし、子供のtextingは、それほど適切ではないので、評価されて、たぶん主として子供がそれらの友人と打ち解けて交際することが気づかれている。そして、それらはおとなよりもっとたくさんそれをする。

「それらが、共有された食事の間にあなたの電話を使うので断定的に不適当なアイデアに挑むので、これらの結果は興味深い。私達が見つけるものは、それより、態度がかすかにずっともっとにおわれていることである。」情報および研究のリード作者のU-M学校での博士課程の学生キャロル・モーザー(Carol Moser, a doctoral student at the U-M School of Information and the study's lead author)は言った。

「あなたのボスと均一な迅速なテキストまたは電話はOKであるかもしれない。それらのFacebookを通じて、テーブルで親指を横切る誰かが食べるのと、それが違うのを見る。」

活動を問わず、研究は20歳代の参加者の方が、適切な方法で、それらがある食事の携帯電話にあるけれども、これを使うことに気づいている。ピーク中間までが、妥当性によって傾いている。

しかし、大人と子供の両方は、一般に、食事で子供より、大人が電話を使うことが適切であることに合意する。

実のところ、食事の子供の単なる存在は、それらの電話を使って、おとなの気づかれている妥当性を減少させる。

「人々は、食事の間に新聞を読むか、またはテレビを何年もの間見るような、他の活動をした。しかし、スマートフォンは新しい挑戦を導入する。」と、情報の助教授で共著者サリタ・シュネンバック(co-author Sarita Schoenebeck, assistant professor of information)は言った。

「あなたは、それらのスマートフォンにおいて他の誰かがどんなことをしているかをわかることができない。

従って、もし至急のEメールまたはキャンディークラッシュサーガ(Candy Crush Saga)で遊んでいて、答えるために、彼らがあなたを無視しているなら、あなたはアイデアを全然持っていない。」

たぶん意外ではない。人々の自身の携帯電話使用妥当性についてのそれらの信念の中で最も強い予言者である。

すなわち、もし食事中に、あなたがあなたの携帯電話をたくさん使うなら、あなたは、たぶん、そうすることがOKであると思う。

研究者は、スマートフォン開発者がより多くの視界を機器に組み込むことができることを提案する。

例えば、携帯電話で、ユーザーが食事にいることを検出することができるかもしれないこと、およびもし活動が、現在終わることについて重要であること、または食事の後まで待つことの彼女の望み頼みを彼女に与える。

または、近くで、人々に、役に立つ性質を示すために、電話が小さいライトをフラッシュさせることができる。もし活動が、グループ例えば、学校割り当てをチェックしている重要な仕事Eメールまたは子供をチェックしているおとなにより重要であると考えられているなら、人々は、お互いに彼ら自身の規則に従うことを手助けできる。

ただし、個人の行動をそこまで明らかにすると、危険かもしれない。

そtれこそ、入浴中まで相手に理解されて、心地よいだろうか?

世界中が病んでいる!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。