2016-05-11

オーストラリアで、「世界最古」の石斧を確認。

超過去

AFPは、オーストラリアで1990年代に発見された石の破片が、知られている限りで世界最古の石斧の一部だった可能性があると科学者らが2016年05月11日に、発表したと報告した。

石片は、約5万年前に人類が初めて同大陸に到達した直後のものとみられるという。

[AD] You can advertise on this site.

人口密度がまばらなウエスタン・オーストラリア(Western Australia)州キンバリー(Kimberley)で見つかった石片は、人間の爪程の大きさで、その年代については、約5万年前に人類がオーストラリアに到達した直後の、4万9000〜4万6000年前と考えられると伝えている。

この石片が発見されたのは1990年代だが、その重要性が認識されたのはここ最近で、新しい技術を用いて初めて確認された。

デジタル顕微鏡で分析し、石片を人工物と結論付けたシドニー大学(University of Sydney)のピーター・ヒスコック(Peter Hiscock)は、「(知られているなかで)世界最古のおのであることに疑いはない。長さ1センチに満たない比較的小さなかけらだ。研磨された、あるいは鋭くとがれたおのから欠け落ちた一片で、おそらくオーストラリア大陸への人類到達のころか、その後のものだろう」と述べた。

しかし、現在確認されている中で最古であって、オーストラリアが石器の使用で最も古いわけではない。

今回の発見は考古学誌「Australian Archaeology」に掲載された。

World’s earliest ground-edge axe production coincides with human colonisation of Australia
Peter Hiscock,
Sue O’Connor,
Jane Balme &
Tim Maloney
To cite this article: Peter Hiscock, Sue O’Connor, Jane Balme & Tim Maloney (2016) World’s earliest ground-edge axe production coincides with human colonisation of Australia, Australian Archaeology, 82:1, 2-11
To link to this article: http://dx.doi.org/10.1080/03122417.2016.1164379

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE