2016年04月16日

北カスピ海で、氷は汚れをこすり落とす。

自然

NASAは2016年04月26日に、NASAのランドサット8(Landsat 8)衛星の操作上OLI(Operational Land Imager/土地イメージャー調査)は、カスピ海のチュレニー群島(Caspian Sea around the Tyuleniy Archipelago)を眺め、案内しているこの大きいナチュラル・カラー・イメージを取得したと報告した。

NASAのゴダード宇宙飛行センターの海洋科学者ノルマン・クーリング(scientist Norman Kuring of NASA’s Goddard Space Flight Center)は、北カスピ海をクロスしているラインで、イメージからまごつき機能(puzzling feature in the image)を発見した。

それ自身で、イメージは著しく美しかった。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

チュレニー群島を取り囲んでいる浅い水域は、海の底で暗い緑色の植物を見ることを可能にする。

しかし、問題は、何のため残留したそれらのラインを起こしたか?

暗い緑色のエリアとラインは、ことによると海の草または底生の藻類で、海の底の機能である。

「あなたは、1月に置かれ、4月までに動かなかったことをマークする事実のため、これを判断することができる。」と、ノルマン・クーリングは言った。

「もしそれらが水機能であるなら、それらは1つの潮のサイクルを通って持続しないであろう。」

マークのうちのいくつかが人の起源を持っていることが可能である。

同様なラインはトロール漁業のため世界の海洋で現れる。

しかし、科学文献と1月の衛星画像は、イメージの大多数の点数が氷によってえぐられたことを示唆する。

1月に、氷のブロックは最も著しくイメージの北東のコーナーで多くのラインが主要な終わりを示す。

4月までに、氷は溶けて、磨きマークだけが持続する。

この現象についての研究を出版したロモノソフモスクワ州立大学の科学者スタニスラフ・オゴロドフ(Stanislav Ogorodov, a scientist at Lomonosov Moscow State University who has published research on the phenomenon)は「疑いなく、これらのトラックのほとんどは氷にえぐりの結果である。」と承諾する。

スタニスラフ・オゴロドフはカスピ海のこの部分が、約3mの深さで非常に浅いことに注意する。

冬にここで組み立てる氷は、通常約0.5mの厚さである。

従って、それのほとんどは決して海底に触れない。

しかし、氷は「暖かさで」、薄い傾向がある。

それは、風と電流のため容易に変形する相対的に弱い氷カバーを起こす。

氷の断片が一緒に押される時に、いくらかの氷がいわゆる「小丘(hummocks)」に上方と下に押し込まれる。

氷原に凍結された小丘(の竜骨は、海底に到着し、氷菓子が動くと、ベッドの汚れをこすり落とすことができる。

自然界は、自ら綺麗に保とうとする。
汚すのは、自分勝手な弁解で防御する人間である。

Image Credit: NASA image by Norman Kuring, NASA’s Ocean Color web
Caption: Kathryn Hansen

Last Updated: April 26, 2016
Editor: Sarah Loff

カスピ海のチュレニー群島(Caspian Sea around the Tyuleniy Archipelago)の緯度、経度
44°55'00.0"N 50°22'00.0"E
または、
44.916667, 50.366667

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。