9-20

国際ギロチンの日(International Guillotine Day)

犯罪と裁判

フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。

また、1977年09月20日に、最後のギロチンがフランスで行われらことから、09月20日に国際ギロチンの日(International Guillotine Day)とも言っている。そのとき処刑されたのは、マルスィユの刑務所Baumettes Prisonで、処刑されたのは、チュニジア系フランス人Hamida Djandoubi(1949 - 1977)であった。

私は、この最後のギロチンが特集された雑誌を知人から見せられたことがある。

0000-04月25日---ギロチンの日(Guillotine Day)

Related Dates