on-the-time.jp

9月20日

国際ギロチンの日(International Guillotine Day)

犯罪と裁判

フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

また、1977年09月20日に、最後のギロチンがフランスで行われらことから、09月20日に国際ギロチンの日(International Guillotine Day)とも言っている。そのとき処刑されたのは、マルスィユの刑務所Baumettes Prisonで、処刑されたのは、チュニジア系フランス人Hamida Djandoubi(1949 - 1977)であった。

私は、この最後のギロチンが特集された雑誌を知人から見せられたことがある。

0000-04月25日---ギロチンの日(Guillotine Day)

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。