2016年04月23日

ニューヨーク行きのPK、離陸後緊急事態を宣言!まだ飛行中!

観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、PK Flight 711(Pakistan International Airlines Flight 711/パキスタン航空フライト711)は、マンチェスター空港(Manchester Airport)からニューヨークに向け離陸した数分後、飛行中に緊急事態は宣言された。

追跡ウェブサイト空気ライブ(tracking website Air Live)によると、飛行機は洗面所の煙のリポートの後、中央のアイルランドのシャノン空港(Shannon Airport in Ireland)に転換された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

PK Flight 711は、12.45pmでスケジューリングされたその出発の後にジョン・F・ケネディ国際空港(John F Kennedy International Airport)に飛んで行く予定であった。

しかし、追跡データは、それが7700「squawk」を送ると数分後で南でボーイング777が緊急着陸に鋭い回転を取り、下降するのを見せた。

緊急事態コード(code alerts)は、ボードの近くのすべての空気管制官(all air traffic controllers in the vicinity of an emergency situation on board)に警報を出し、病気など乗客、クルーは決定をするかどうかにかかわらず、着陸する。

まだ転換の理由のどのような公式な確認もなかったと報告している。

追跡ウェブサイト空気ライブ(tracking website Air Live)によると、まだ飛行中である。

マンチェスター空港(Manchester Airport)の緯度、経度
53°21'14.0"N 2°16'30.0"W

中央のアイルランドのシャノン空港(Shannon Airport in Ireland)の緯度、経度
52°42'07.0"N 8°55'29.0"W

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。