on-the-time.jp

4月23日

ドイツの「ビールの日」

食品健康

1516年04月23日に、バイエルン国王ウィルヘルム4世(Wilhelm IV von Bayern/1493 - 1550)と兄弟のルートヴィヒ(Ludwig)が新しいバイエルンの土地(eine neue Bayerische Landesordnung)の管理について注文を送り、同時に発布した「ビール純粋令(Bier geregelt Reinheitsgebot)」により、水、ホップ、大麦・小麦の麦芽、酵母だけがビールの醸造に使用できることとなって、「ビールとは何か」が世界で初めて明確に定義された。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

また、ドイツで、04月23日はにドイツのビールの日(Tag des Deutschen Bieres)として、飲物産業によって1994年に制定された。

バイエルン国王ウィルヘルム4世は1518年に、土地について、正しく更生(veröffentlichte Landrechtsreform)することを発表した。

そして、1520年に、彼はバイエルンで初の均一な裁判所命令(die erste einheitliche Gerichtsordnung in Bayern)
を導入した。

日本では、日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に、04月23日を「地ビールの日。」制定、2000年から実施した。日附は公募により選定された。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。