on-the-time.jp

2016-04-22

絶滅した「殺し屋」クジラの歯を発見!

超過去

AFPは、オーストラリアの海辺で、絶滅したマッコウクジラ「キラースパームホエール(killer sperm whale)」の巨大な歯の化石が見つかったと報告した。

約500万年前のもので、南北米大陸以外でこのクジラの化石が発見されたのは初めてであったと伝えている。

[AD] You can advertise on this site.

化石は2016年02月、メルボルン(Melbourne)近郊のビューマリスベイ(Beaumaris Bay)で化石愛好家が発見し、ビクトリア(Victoria)州の3博物館を管轄するミュージアム・ビクトリア(Museum Victoria)に寄贈された。

歯の長さは30cmもあり、ミュージアム・ビクトリアによると、現存するマッコウクジラのものよりも大きい。さらに大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(T・レックス/Tyrannosaurus rex)の歯をもしのぐ大きさだという。

キラースパームホエールの化石はこれまで、米大陸の西海岸でしか見つかっていなかった。このクジラは最も大型のものだと体長18m、体重40トンに達したとみられるという。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.