4月19日

乗馬許可の日。

スポーツ戦争と平和

日本では馬に乗る技術を馬術と呼び、その馬術は長い間武芸の一つとされていたので、乗馬を認められているのは武士に限られていた。

しかし、武士中心だった江戸幕府から明治政府にかわり、明治4(1871)年04月19日に、庶民にも乗馬が許可された。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本では、昔から馬肉を食うが、欧米人には考えられないことである。

2016-01-03---キルギスで、ソーセージを「馬のペニス」にたとえたイギリス人逮捕!
2013-12-14---米国の裁判所は,馬の虐殺を解禁。
2013-08-12---米国の裁判官は、クローンを受理するように種馬グループに命じた。
2013-02-25---馬肉が、チェコ共和国のイケア・ミートボールで見つかった。
2013-02-11---馬肉スキャンダルで、ルーマニアは非難を否定する。
2013-02-09---バーガー馬肉混入スキャンダル!
2010-01-04---馬は、いつ肉から、家畜になったか!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告