gaYa広告

4月19日

古川祭

音楽宗教観光

古川祭は毎年04月19日・20日に開催される岐阜県飛騨市古川町の気多若宮神社の例祭である。起し太鼓の勇壮さと絢爛豪華な屋台、日本三大裸祭りの1つに数えられていて「起し太鼓」と「屋台行列」が、1980年(昭和55年)01月28日に「古川祭の起し太鼓・屋台行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

神幸行列の獅子(宮本)と屋台の獅子(神楽)の2種類があり、神幸行列と屋台巡行それぞれの露払いとして、各家々で獅子舞を舞い門付けして歩く。

地元の人々が「一年で一番大切な日」というほどで、毎年多くの観光客が訪れている。

起源は定かではないが、文献に最初に登場するのは屋台が1776年(安永5年)、起し太鼓が1831年(天保2年)である。
昔の古川祭は、旧暦の8月6日(太陽暦の9月上、中旬頃)に開催されていたが、1886年8月に疫病が流行し、例祭ができなくなったことから11月に変更された。
また1887年(明治20年)より春祭へと変更し、4月16日、17日にしたが、1889年(明治22年)より現在の日程となった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。