gaYa広告

2016年04月16日

イギリスのイスラム教協議会が、十分にイスラムではないと公式に決めた人。

宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イギリスのイスラム教協議会(The Muslim Council of Britain)が、十分にイスラムではないと公式に決めた人の言い分を紹介した。

私は決して具合が悪い何でもしなかった。
若い少年として、私はモスクに出席した。
そして、今や、私は子供がいる。
私の妻はヒジャーブを誇らしげに身に着けている。
私はハラール肉に祈り、食べる。
私の罪は何であるか?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

あなたは、かつて、自身を、何かに生きて、それが吸われると認定したことがあり、すべてのあなたの人生で、それから、あなたが、本当は、そうであるようにあなたが自身と信じるものではないと報じられたか?

私はいつも自身をイスラム教徒と呼んだけれども、最近、MCB(Muslim Council of Britain/イギリスのイスラム教協議会)は私についての声明を出し、信念を言い、私「イスラム教協議会のため入会として適格であるはずがない。」と言った。

私の違反であるもの
私は祈りを怠っているか、またはハラール肉を食べないか?いいえ。私はアフマディー教団コミュニティ(Ahmadiyya community)のメンバーである。

アフマディー教団イスラム教徒(Ahmadiyya Muslims)がそれらの創立者をミルザ・グラーム・アフマド(Mirza Ghulam Ahmad)と信じることイスラム教を蘇らせるために来たイスラム教のメシア(Messiah)とマハディ(Mahdi)であったイスラム教徒改革をもたらす人間性神(humanity back to God)と裏続きである。

しかし、他のイスラム教徒がより以上のメッセンジャーを受け入れないので、MCBは私と仲間をアフマディー教団イスラム教徒を無信者と宣言した。

私は、私が何であるかを知っている。

若い少年として、私はモスクに規則的に行き、しばしば祈りに電話をかけた。

私は、宗教のクラスに出席することが大好きで、特に予言者ムハマドのライフというイスラム教について読むことのために中毒状態であった。

私の父が、悪魔詩句および予言者をけなした他の本を書いたサルマン・ラシュディ(Salman Rushdie)に反応を書いた時に、私が中等学校にいた。

これも、私が私の信頼について書くことを促し、彼が侮辱された時。およびいつもどこの時にも予言者の名誉でも防御した。

すぐ卒業の後に、私は、いつもヒジャーブを誇らしげに身に着けていた私の妻と結婚した。

私達は3人の美しい子供を持ち、続けられるそれらを上げることにおける私達の両親と同じ伝統クルアーン(Qur'an)およびイスラムのエチケットをそれらに教えて、モスクに行く。

私の最も年上の息子は、すでに、彼が導師になりたいと決めていた!

すべての私の人生で、私は、信頼の5つの柱および6つの記事を信じていた。

さらに、私のコミュニティは、クルアーン(Qur'an)と伝承を私の誘導原則にし、恩恵を予言者に懇願し、誰とすべての上のイスラム教も置く私を必要とする。

たとえいつ私が家を出ても、私は、銘『アラーが彼の使用人のためにであるかどうか十分ではないか?(Is Allah not sufficient for His servant?)』でリングを着用している.

しかし、私が、アラーと予言者から与えられたイスラム教徒のすべての説明を果たす間、MCBは、その「もし彼らが、そうすることを望まないならば、イスラム教徒はイスラム教徒としてクラスアフマディー教団員に強制されるべきではない。(Muslims should not be forced to class Ahmadis as Muslims if they do not wish to do so)」と言う。

しかし、イスラム教徒ではない彼ら自身の標準は、主要なイスラムソースに基礎を全然持っていないであり、それは、また、イスラム教徒彼ら自身の系列は、予言者の再び来る未来で、イエスを含むの大多数の信念と一致しない-。

これはなぜ部外者に問題を平らにするべきであるか?MCBは持っているのために長い間、信用できる組織が、いくつかのモスクおよびイスラムのグループを表し、イギリスを横切るイスラム教のコミュニティのためにされるたくさんの貴重な仕事である。

しかし、私達すべてのための意味、それらの最近のステートメントがより広く持っていること潜在的に危険であるという。

イスラム教徒が神をこの方法に行い始める時に、必然的に、ここにイギリスを含む宗教の先入観、頑固、および憎悪が上がる。。

MCBは、「複数性、平和な共存および親交と協力の手をすべての公益延長する」を約束すると主張するけれども、それがアフマディー教団イスラム教徒に来る時には、違う規則を持っているようである。

彼らは、アサド・シャー(Asad Shah)と憎悪伝道師(hate preachers )ゆえ、それらの共同狂信家の殺人者のような過激論者を見ることに満足しているようであるけれども、標語によって『すべてへの愛情、誰ものための憎悪。』で暮らしている人々である。

たとえ他の誰かが自身と呼ぶことができないものを命じるいくらかの権限が、何神学的な違いでどの個人または組織てもではなくても。

私の信頼は私と私のメーカーの間の問題である。

信念の自由および自決への右は、どのような進歩的な社会の基礎の間にでもある。

予言者ムハマドは確かに、それらの権利を守った人は、MCBのようなボディもすることを望む。と言っている。

2014-10-10---「悪魔の詩」のサルマン・ラシュディは、PEN/ピンター賞を受賞。
2011-11-15---「悪魔の詩」のサルマン・ラシュディは、Facebookとの戦いで勝利!
2007-06-24---イランは、イギリスの騎士でも死刑宣告した!
2007-06-18---エリザベス二世女王がモハメット否定論者に騎士の称号!
2007-06-16---エリザベス二世女王が、モハメット否定論者に騎士の称号を与えた。
1990-12-26---ハメネイもサルマン・ラシュディの死刑宣告が有効と言った。
1989-02-14---イランのホメイニが、サルマン・ラシュディに、死刑を宣告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。