gaYa広告

2016年04月17日

米国戦闘機に、ロシア戦闘機が15m以内接近!

戦争と平和

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、米国空軍戦闘機は、それからど15mで飛んだとして、ロシアのジェット戦闘機は「不定な実行と攻撃的な工作」で出現したと報告した。

これはもう、実戦状態で、米国戦闘機とロシア戦闘機がここまで接近して空中で撮影された写真は初めて見た。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

先日来、バルト海を航行する米国の軍艦に以上接近するロシア戦闘機は、多く報告されていたが、この出来事は、2016年04月14日木曜日に国際空域の規定通りのフライトの間に、バルト海の上空で起こったと、米国ヨーロッパコマンド(US European Command)は言った。

米国戦闘機は、「危険で、プロとしてふさわしくない方法で、ロシアのSU-27に妨害された。」と、コマンドのスポークスマンであるダニーエルナンデス(Danny Hernandez)は、CNNに話した。

「単独パイロットの危険で、プロとしてふさわしくない行動は、国の間の緊張を不必要にエスカレートさせる可能性を持っている」と、彼は言った。

ロシアのジェットが、バルト海にいた米国駆逐艦ドナルド・クック(US destroyer Donald Cook)の近くをジェットが通過した数日後に、出来事は来た。1ポイントで軍艦の9m以内に来たロシアのSu-24戦闘機機が何回も攻撃的に通過した。

米国国務長官ジョンケリー(The US Secretary of State, John Kerry)は、この行動を批判し、そして撃墜であったかもしれない約束の規則の下で「私達はこの種類の行動を非難する。それは無謀である。それは挑発的である。それは危険である。」
「人々は、これが重大なビジネスであり、米国が威嚇されようとしていないと理解している必要がある。」と言った。

ホワイトハウススポークスマンジョシュ・アーネスト(White House spokesman Josh Earnest)は、米国は「ロシア人と私達の懸念を引き起こした」と言った。「私は、あなたに、その通信が起こったと言うことができて、私達は、確立している軍隊チャンネルを通して私達の違いを解決することに努める。」と言った。

ロシアの防衛軍隊スポークスマンのイゴール・コナシェンコフ(Russia's defence military spokesman Igor Konashenkov)は、「ロシア航空宇宙軍の航空機のすべてのフライトは、ニュートラルな水域の上の領空の使用において国際的な規則に従って厳密に実行される。」と米国が過激に反応したと言った。

「私達のアメリカの同僚のそのような痛い反応の理由を理解してはならない。」と、防御省に言うと、彼は付け加えた。

「バルト海のロシア海軍ベースに近く近接にいる米国駆逐艦のためのナビゲーションの自由という原則は、ロシアの航空機のためのフライトの自由という原則を破棄しない。」と、役員は言った。

ただ遊んでいるだけということかもしれない。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告