on-the-time.jp

2016年04月17日

古いロンドンの住宅団地には、『猫のサイズ』ねずみ!

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、南のロンドン住宅団地で暮らしている、『猫のサイズ』巨大なねずみが見つかっている。

ペスト・コントローラのディーン・バー(Pest controller Lord Dean Burr)は、地所の検査の間に約2ftの長さであった6匹の齧歯類を発見した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

36歳の自称ウィンブルドンの「人々の神」(“People’s Lord” of Wimbledon)は、彼が、お互いに利用することによってそんなに大きいように、ねずみが成長すると考えられると言った。

彼はデイリー・スター(Daily Star)と話すことによって、「これらのねずみは、小さいネズミを食べて、彼らは、それらが死ぬと、お互いに食べる。従って、これらのねずみが、より小さいねずみを攻撃し、食べることによってそんなに大きくなったことは可能である。」

「1回の急襲において6匹の大きいこれを取ってくるので、私は、ファミリーの大多数を得たことを計算する。」と言った。

「それらが大きかったこと、 長さ1フィート から2フィートである。それは猫のサイズである。」

15年前、ねずみキャッチ会社を設定したディーン・バーは、それが、これまで彼が見たことがあった最も大きい害虫であると言った、そして、齧歯類は、わなでそれらを捕まえるより大きすぎるようになった。

先月、長さ4フィートのねずみは、申し立てによると、ロンドンのハクニーダウンズ(Hackney Downs, London)で、フラットのブロックで働いていたガスエンジニアトニー・スミス(Tony Smith)により捕まえられた。

巨大な害虫は汚されて、低木に子供の運動場の近くにあったけれども、ねずみのサイズを誇張するために、強制されたパースペクティブを使用して、それらが後で、実のところ巨大なねずみを持つ写真を示しているスミスが誤り導いているのに感付いた。

2016-03-11---大都会ロンドンで、『小さい子供より大きい』を巨大なねずみを発見!
2016-01-28---ロンドン地下鉄運転手が明かす。ロンドン・チューブの13の秘密。
2015-10-07---ロンドンのアンダーグラウンド言語。
2014-11-16---ロンドンのアンダーグラウンドの世界。
2014-03-27---ストックホルムで見つかった巨大なネズミは、大見だしで報じられた。
2010-07-28---東ティモールで小型犬ほどの大きさのネズミの骨格化石を発掘。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。