gaYa広告

2016年04月16日

フランシス法王、ギリシャの島訪問でEUトルコ取引違反を実行!

宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ローマ法王(Pope Francis)は、伝えられるところでは、彼が、ギリシャに閉じ込められた亡命者のうちの数千人を再配置することをヨーロッパに勧めるとバチカン宮殿に10人の避難民を連れてくることを計画していると報告した。

法王フランシスが、カトリック教徒(Catholic)とギリシャ正教会リーダー(Orthodox Church leaders)と、レスボス島(island of Lesbos)のギリシャの島の彼のツアーを始めると、地方公務員はAFP通信社に計画を確認した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2014年03月20日の締め切りの前で、選ばれた移民が到着すると、彼の計画は、論争のEUトルコ取引(EU-Turkey deal)の内容に違反するために考えられないことであった。

ギリシャ国立放送局は、土曜日に後で彼がレスボス島から出発する時に法王の飛行機で8人のシリア人と2人のアフガニスタン人が連れて行ったと報告した。

シリア人がヨーロッパを横切る移動計画によって優先される間、アフガニスタン人はほとんどのプログラムから除外されて、それらが避難民と自動的に考えられないと、大陸の岸に到着しているそれらの約4分の1にもかかわらず、国境を横切ることを禁止された。

法王フランシスが、大陸を横切る閉じられた国境により、ギリシャに閉じ込められた数千人の避難民を再移動するのをヨーロッパの国に求めることは期待されている。

バチカン宮殿は以前にレスボス島に5時間の訪問と言い、人道主義に純粋であった。
政治的でなく、本質的に細心で、何人かの亡命者がトルコに送り返されるのを見た追放プログラムの批判として意味されていなかった。

法王フランシスは、彼が、「近さと団結の(避難民)を歓迎することにそんなに寛大な避難民と、レスボス島市民およびすべてのギリシャの人々への表現を意図する。」と言った。

「避難民は数ではなく、それらは、そのようなものとみなされる顔、名前、物語、および必要を持っている人々である。(Refugees are not numbers, they are people who have faces, names, stories, and need to be treated as such,)」と、訪問が始まると、 彼の公式なアカウントからのツイートは、 言った。

司教は、ランペドゥーサ(Lampedusa)への旅行の間に、別の移動性のホットスポットよして「無関心の世界化(globalisation of indifference)」を弾劾するので、避難民危機のより大きい同情と国際的な協力のための呼び出しにおいて率直であった。

議論は現在、2016年03月18日のEUトルコ取引が必要なレスボス島の状況の上に続く。

彼らが国の保護施設を首尾よく申し込まない限り、それは、ギリシャの島に内々に到着している誰でもトルコに戻されることを規定する。

その後ろで、すべてのシリアの送信のために、EUは別のシリア人をヨーロッパの再定住のためのトルコから直接取り去るけれども、他の国籍はそれらの到着の半分より多くなる。

かわりに、トルコは、そこで、270万人を超えるシリアの避難民の生活を扱うために€数十億を含む譲歩を与えられて、その行き詰まらせられた接近の上での促進として、EUと話す。

これは一種の難民人身売買である!
先進国ヨーロッパがすべきことではない。

つまり、「はずかしい」および「無慈悲」、中東とアフリカの戦争と迫害から逃げている必死な亡命者が到着し続けることとして、人権団体により非難された手段にもかかわらず、トルコは難民ビジネスとして、ヨーロッパと取引をする。

法王が到着する予定の3時間前に、ヨーロッパの国境エージェンシーFrontexは、レスボス島の沿岸からの41人のシリア人とイラク人を運んでいるボートを妨害した。

彼は、赤いカーペットにおいてギリシャ総理大臣アレクシス・ツィプラス(Greek Prime Minister, Alexis Tsipras)、およびカトリック教徒と正教会リーダーの代表団によりあいさつされて午前10時現地時間(8am BST)のまわりの島の空港に上陸した。

司教は、現在約3,000人の移民を収納する避難民キャンプMoria(モリア)を訪問する予定であった。

代表団は避難民担当者と昼食をとり、ヨーロッパに到着することを試みることをかき消した多くの亡命者を記念する祈祷会のため,島の首都への表題の前で共同宣言をする。

フランシス法王は、バチカンがEUに加盟しない独立国であることを宣言し、その上で難民を受け入れるということもできるが、実際にはフランシス法王の飛行機は、EU加盟国イタリア国内の飛行場に到着することになる。

実に複雑である。
宗教的には、難民を救出することは、非常に価値のあることであり、それをギリシャ正教と共同で実施することで、宗教の価値は当然、認識される。ところがトルコは、イスラム国である。

2016-04-15---90秒で知るキリスト教とイスラム教は、どのように世界を引き継いだか。
2015-01-05---トルコは90年間以上で始めて新しいキリスト教会を承認した。
2014-11-28---信頼つながりを押し上げる法王フランシスのトルコ訪問。
2014-11-27---キリスト教徒緊張時に、フランシス法王のトルコ訪問。
2014-09-21---フランシス法王は、アルバニアの訪問中に「正道を外れた」過激派を排撃。
2014-01-21---フランシス法王は、グローバルなエリートに、さらに貧弱支援を要求!
2013-12-18---イタリア政府は、ランペドゥーサ島への移住者の難民の処理を調査。
2013-10-05---ランペドゥーサでのボート沈没で、捜査隊は空から探している。
2013-10-04---フランシス法王は、アッシジのメサケ・シュラインを訪問。
2013-10-03---アフリカからの難民のボートが沈み、少なくとも82人が死んだ。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告