2016年04月15日

スペインの「ゴースト(幽霊)空港」を5600万ユーロで売却。

経済

2015年07月18日に、中国の投資ファンド「Tzaneen International」が€1万(約120万円)での買収を表明していたが、スペインの通商法廷はこれを却下している。

AFPは2016年04月16日に、スペイン・バブル期の象徴とされながら「ゴースト(幽霊)空港」と化し競売に掛けられていたシウダード・レアル(Ciudad Real)空港が€5600万(約69億円)で売却されたと、スペイン司法当局が2016年04月15日に、明らかにした。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

一時は建設・不動産ブームに沸いたスペインだが、7年前にバブルがはじけ、シウダード・レアル中央空港にもそのあおりがおよんだ。

シウダード・レアル空港は、首都マドリード(Madrid)のバラハス(Barajas)国際空港を補完する役割を担うとの触れ込みで工費約€10億(約1227億円)をかけてマドリードの南方約240キロに建設された。開港は2008年。年間250万人の利用客を当て込んでいたが、就航便数が伸びず、2010年に倒産。2012年にあえなく閉鎖となった。

昨年の入札公告でも投資家の関心はほとんど集まらず、結局、€5620万ユーロ(約69億円)で「CRインターナショナル(CR International)」なる企業に売却されたことがカスティーリャ・ラ・マンチャ(Castilla y La Mancha)州地裁の発表で明らかになった。

同地裁の広報担当者はAFPの取材に、近日中に詳細を発表すると語った。

シウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)のGoogle Earthポインター情報
38°51'50.0"N 3°59'35.2"W
または、
38.863886, -3.993119

2015-07-18---スペインで€10億以上で作られた空港が、€10,000で売られた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト