gaYa広告

2016年04月15日

スペインの「ゴースト(幽霊)空港」を5600万ユーロで売却。

経済

2015年07月18日に、中国の投資ファンド「Tzaneen International」が€1万(約120万円)での買収を表明していたが、スペインの通商法廷はこれを却下している。

AFPは2016年04月16日に、スペイン・バブル期の象徴とされながら「ゴースト(幽霊)空港」と化し競売に掛けられていたシウダード・レアル(Ciudad Real)空港が€5600万(約69億円)で売却されたと、スペイン司法当局が2016年04月15日に、明らかにした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

一時は建設・不動産ブームに沸いたスペインだが、7年前にバブルがはじけ、シウダード・レアル中央空港にもそのあおりがおよんだ。

シウダード・レアル空港は、首都マドリード(Madrid)のバラハス(Barajas)国際空港を補完する役割を担うとの触れ込みで工費約€10億(約1227億円)をかけてマドリードの南方約240キロに建設された。開港は2008年。年間250万人の利用客を当て込んでいたが、就航便数が伸びず、2010年に倒産。2012年にあえなく閉鎖となった。

昨年の入札公告でも投資家の関心はほとんど集まらず、結局、€5620万ユーロ(約69億円)で「CRインターナショナル(CR International)」なる企業に売却されたことがカスティーリャ・ラ・マンチャ(Castilla y La Mancha)州地裁の発表で明らかになった。

同地裁の広報担当者はAFPの取材に、近日中に詳細を発表すると語った。

シウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)のGoogle Earthポインター情報
38°51'50.0"N 3°59'35.2"W
または、
38.863886, -3.993119

2015-07-18---スペインで€10億以上で作られた空港が、€10,000で売られた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト