on-the-time.jp

2016年04月14日

アテネで、古代の「集団墓地」発見!

超過去

AFPは2016年04月15日に、ギリシャの首都アテネ(Athens)近郊で、男性の骨80体が埋められた集団墓地2か所が見つかったと報告した。

考古学者らは、これらの人骨について、古代アテネの僭主(せんしゅ)になろうと反乱を起した貴族キュロン(Cylon)の追随者らのものである可能性があると伝えている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

地方考古学局のステラ・クリソーラキ(Stella Chryssoulaki)局長が2016年04月14日に、ギリシャの古代遺産を管理する考古学中央評議会(Central Council of Archaeology)で今回の調査結果を発表した。

ギリシャ文化省の声明によると、今回の発見は「非常に重要」なものであるとして、評議会はさらに詳細な調査を開始する予定だと伝えている。

考古学者チームは、人骨とともに見つかった小型のつぼ2個から、集団墓地の年代を紀元前675〜650年頃と特定した。
ギリシャ文化省によると、これは「同地域で大きな政治的混乱が起きた時代」だと話している。

アテネ郊外の海近くにある古代墓地跡の発掘調査中に見つかった人骨は、並んだ状態で発見された。
うつぶせのものもあれば、あおむけのものもあり、うち36体には、鉄製の手かせがはめられていた。
発掘現場は、新たな国立図書館(National Library of Greece)と国立歌劇場(National Opera)の建設予定地となっている。

考古学者チームの調査では、見つかった歯の健康状態が良好であることが分かった。
これは、人骨が若く、健康な男性のものであることを示している。
この事実から、男性らがキュロンの追随者だった可能性があるとする説を後押ししている。

キュロンが紀元前7世紀に企て、失敗した反乱については、古代歴史家のヘロドトス(Herodotus)やトゥキディデス(Thucydides)の書に詳述されている。

有力貴族アルクメオン家のメガクレス(Megacles)は、反乱の共謀者らを皆殺しにした。だがこの行為は、神聖を汚すものとして、市の権力者らから非難された。
歴史学者らによると、古代アテネ史におけるこの劇的な一幕は、2500年間に及ぶアテネ民主政の到来を告げる政治的転換への貴族社会の抵抗の表れだったと話している。

文化人類学者の友人たちは、これを分析することだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。